<韓国旅客船沈没>悲しみ→悔しさ→無気力の反復…韓国は今、「集団トラウマ」(1)

<韓国旅客船沈没>悲しみ→悔しさ→無気力の反復…韓国は今、「集団トラウマ」(1)

2014年04月21日13時39分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「不明者無事帰還の祈願合同大法会」が開かれた19日、大邱市中洞橋(テグシ・チュンドンキョ)では子供たちが流灯を浮かし(左写真)、20日のソウル嘉会洞(カフェドン)聖堂の聖典奉献式ではヨム・スジョン枢機卿が「特にセウォル号死亡者と不明者を忘れないで」を言うと信徒が祈っていた。
  会社員のY氏(36、ソウル江西区)は19日、夫婦けんかをした。一日中セウォル号のニュースを見続ける妻に向かって「もうやめろ。君が怒っても変わるわけじゃないだろう」と大声を張り上げたのが始まりだった。腹が立ってテレビを消してしまった。妻は「こんな状況でどうして怒れずにいられるの。あの若い高校生たちが大人たちのせいで死ぬことになったのに」と怒った。妻は16日、事故発生以後ほとんど一日中テレビのチャンネルを回しながら泣いては怒ることを繰り返していた。Y氏は「結婚5年になるが妻のこんな姿は初めて」と話した。

  市民は外出を控え、救助の便りだけを待ち焦がれていた。週末の19日、京畿道龍仁(キョンギド・ヨンイン)のエバーランドには前週よりも33%減の3万人余りが訪れた。ソウル大公園に訪れた人も24%減少した。団体旅行客が予約をキャンセルしたために4~5月のKORAIL(韓国鉄道公社)観光列車の運行も6回分が中止になった。

  セウォル号の惨事を見守る国民の悲しみが深まっている。集団無気力症に精神的外傷すなわちトラウマ(trauma)症状があらわれている。大韓神経精神医学会のキム・ヨンフン理事長は「マスコミの報道をはじめとする現在の状況が、国民をあまりにも深い哀悼反応に追い込んで、トラウマにさらされ続けないか心配」としながら「一般人は仕事場に、生徒たちは学業に戻るべきだが、沈痛な雰囲気から抜け出せずにいるようだ」と指摘した。専門家たちは、セウォル号の事故を収拾するには今後相当な期間がかかり、この過程でトラウマが広がることを憂慮している。

  最もよくある症状は、胸が詰まるような悲しみと止まらない涙だ。会社員のP氏(39、ソウル道峰区)は20日、釜山(プサン)での親戚の結婚式に1人で行った。妻と子供(5)が一緒に行く予定だったが、それができなかった。P氏は「妻がテレビの前で泣いてばかりいて一緒に行ける状況ではなかった」と話した。

  子供の母親の衝撃はより大きい。ある母親はインターネットの育児カフェで「シャワーをして鏡を見て、疲れて眠っている赤ん坊を見ながらも涙があふれてくる。一日に5回以上涙を流し、100回以上怒りが込み上げて、気が滅入るような痛みを感じる。うつ病にかかったようだ」と話す。彼女はさらに「私ができることは無言かもしれないし、助けてあげられない現実に罪悪感が押し寄せてくる。一日中この事件のことしか考えられない」という文を載せた。別の母親は「私も昨日も胸が詰まって明け方4時まで眠れなかった」として「初めて外国に移住したいと思った」と共感を示した。

<韓国旅客船沈没>悲しみ→悔しさ→無気力の反復…韓国は今、「集団トラウマ」(2)

【特集】韓国旅客船「セウォル」沈没事故
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事