俳優パク・ボゴム、5000人魅了した日本初ファンミ…日本語も披露

俳優パク・ボゴム、5000人魅了した日本初ファンミ…日本語も披露

2017年02月06日06時42分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
4日、東京国際フォーラムで開かれた俳優パク・ボゴムのファンミーティング「2016-2017 PARKBOGUM ASIA TOUR FAN MEETING IN TOKYO 〈Oh Happy Day〉」の様子。(写真提供=BLOSSOMエンターテインメント)
  俳優パク・ボゴムが2月4日、東京国際フォーラムで「2016-2017 PARKBOGUM ASIA TOUR FAN MEETING IN TOKYO 〈Oh Happy Day〉」を開き、約5,000人余りの日本のファンと心温まるひとときを過ごした。

  ドラマ『応答せよ1988』『雲が描いた月明かり』を通じて「アジアの皇太子」の愛称で日本でも大きな人気を集めているパク・ボゴムは「日本で皆さんと会うことができる場ができてうれしい。とても多くの方々が来て下さって驚いた。ありがとう」と、日本での初ファンミーティングに対する所感を伝えた。

  特に今回は、パク・ボゴムのあたたかい心とファンへの思いやりが光っていたファンミーティングだった。ピアノの伴奏とともに即興で歌を披露したり、今の気持ちを絵で表現してほしいというファンのリクエストにはハートで埋め尽くされた絵を描いたりした。

  また、学生時代に学んだ日本語の実力を発揮するパク・ボゴムの姿に、ファンは感動と歓呼で呼応して、会場の雰囲気が熱く盛り上がったという。

  ファンミーティングの最後に、パク・ボゴムは「映画よりも映画のような現実の中で、見えないけれどつながっている私たち」と表現して、「『また会いたい、ずっと見ていたい』と思われるような俳優になれるように頑張りたい」と真心を伝え、ファンに深い感動を与えたという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事