韓経:住友・東レが韓国工場増設…電気自動車バッテリー素材の先占に動く日本

韓経:住友・東レが韓国工場増設…電気自動車バッテリー素材の先占に動く日本

2016年09月08日10時31分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  住友化学や東レなど日本の電気自動車(EV)バッテリー関連素材企業が相次いで韓国で大規模な設備増設に乗り出している。世界電気自動車市場が予想以上のペースで成長し、日本企業が迅速に動いている。

  7日の日本経済新聞によると、住友化学は韓国大邱(テグ)工場に200億円を投資し、リチウムイオンバッテリーの発火を防ぐ膜「セパレーター(絶縁材)」の生産能力を2018年半ばまでに年間4億平方メートルに増やすことにした。今年初めの生産能力の4倍にのぼる。これを通じて電気自動車50万台分のバッテリー材料を供給できる能力を備える。当初の計画より増設時期を2年早めた。

  住友化学は米テスラの電気自動車用バッテリーを生産するパナソニックに材料を供給している。テスラは小型電気自動車セダン「モデル3」の注文が増えると、2018年に生産能力を50万台に、2020年には100万台に引き上げることにした。

  LG化学とパナソニックにセパレーターを供給する東レも200億円を投入し、韓国で絶縁材生産能力を70%ほど拡大する予定だ。計画通りに進めば東レの絶縁材生産能力は5億平方メートルを超える。旭化成も2020年までに絶縁材生産能力を現在の倍に増やす。電解液を生産する三菱化学も効率化のために生産拠点を集めることにした。

  米市場調査会社IHSオートモーティブによると、電気自動車の世界販売台数は昨年の35万台から2025年には256万台に増える見込みだ。電気自動車市場の成長を受け、リチウムイオンバッテリー主要材料市場の規模も2020年には15年比で2.4倍に成長すると見込まれている。

  素材産業でも低価格品を前に出す中国企業の攻勢が激しい。しかし自動車用絶縁材などは安全性が重視されるため、日本企業が高いシェアを確保している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事