歌手キム・ヒョンジュン、暴行訴訟のなか入隊延期…なぜ?

歌手キム・ヒョンジュン、暴行訴訟のなか入隊延期…なぜ?

2014年08月28日17時36分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
歌手キム・ヒョンジュン
  歌手キム・ヒョンジュン側が入隊延期を申請した事実を明らかにして話題になっている。

  歌手で俳優のキム・ヒョンジュンが所属する事務所キーイーストの関係者は28日、「キム・ヒョンジュンが今年10月7日の入隊令状日を受けたのは事実だが、現在、来年の入隊延期申請を出した状態だ」と明らかにした。キム・ヒョンジュンが入隊延期を申請した理由はワールドツアーを含んだ忙しいスケジュールのためだという。

  一方、今月22日、キム・ヒョンジュンは恋人のAさんを常習的に暴行していた容疑および傷害容疑で告訴された。

  キム・ヒョンジュンを告訴したAさんは告訴状で2012年から彼と恋人関係だったが、今年5月から7月までソウル松坡区(ソンパグ)のキム・ヒョンジュンの自宅で彼から暴行を受けて全治2週~6週の診断を受けたと主張した。

  キーイーストは「キム・ヒョンジュンとAさんは2012年から知り合いだったのは間違いないが、交際を始めたのはここ数カ月のことだ。2人の間に激しい言い争いがあり、その過程で感情が高ぶってもみ合いになったのは事実だ。しかしAさんが主張しているように2カ月の間に常習的に暴行したり数回にわたる殴打があったりしたというのは事実でない」と公式立場を伝えた。

  また「当事務所とキム・ヒョンジュンは、今後、正確な調査を通じて事実を明らかにし、今後行われる警察の調査にも誠実に臨む」とし「すでに決まっているスケジュールはそのまま消化するつもりだ。その後は本事件が円満に解決されるように最善を尽くすなかで、当分、自粛の時間を持つようにしたい」と伝えた。

  キム・ヒョンジュンは8月30日、中国・広州公演を皮切りにペルー、メキシコ、日本・名古屋、中国・北京など予定されたワールドツアーを滞りなく進める計画だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事