【時視各角】回転木馬国家、「それならもういい」国家=韓国(2)

【時視各角】回転木馬国家、「それならもういい」国家=韓国(2)

2017年11月14日16時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  海外で活動している韓国の情報要員の奮闘を見ていると、胸が痛い。彼らは愛国心と上司の命令に従い、この2つをもって頑張っている。昔も今も同じだ。彼らは投げ出される対象でなく、尊敬の対象だ。彼らを貶めず悪循環の輪も断ち切るためには、結局システムを変えるしかない。独立的な監察機構を作ったり、最初から機能を解体、分離したりするのも方法だ。国家情報局(DNI)傘下にCIA・FBIなど16情報機関に分かれて独立性を与える米国の事例を参考にする必要がある。それでこそ次の政権で文在寅(ムン・ジェイン)政府の国家情報院長が相次ぎ召還される悲劇が起こらないだろう。いつまでも常にその場で回り続ける「回転木馬国家」に残ってはならない。

  実際、今大韓民国の真のアップグレードのために必要なのは「意識積弊」の清算だ。

  歌手の故キム・グァンソク氏と娘の他殺をめぐる特定人と一部メディアの糊塗は表面的には「合理的疑い」だが、科学も証拠も不足した「殺人者作り」に他ならない。法医学者など専門家たちの不正にもでたらめインターネット世論とフェイクニュースが横行した。正義の使徒のように前に出るのが好きだった与党政治家までそこに加勢した。警察の再捜査結果、変わった内容は一つもなかった。それでも問題を提起した自称「告発ニュース」記者は「国民的疑惑に照らして不十分だ」と主張する。国民的疑惑を作り出し、夫と娘を失ったある女性(ソ・へスン氏)を「連鎖殺人犯」に追い立てたが、ソ氏には謝罪一言もない。それと共に「情報提供者」には申し訳ないそうだ。呆れ返る主張と事実が入り混じって絡み合っている「それならもういい」というような国家の素顔だ。このような大韓民国で我々は果たして「先進国」として堂々とできるだろうか。

  金玄基(キム・ヒョンギ)/ワシントン総局長

【時視各角】回転木馬国家、「それならもういい」国家=韓国(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事