【コラム】TPP加入で韓国が得られるもの(1)

【コラム】TPP加入で韓国が得られるもの(1)

2013年10月23日11時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今月初めにインドネシアのバリで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で朴槿恵(パク・クネ)大統領は環太平洋経済連携協定(TPP)に対し肯定的な発言をした。現在最も意欲的な多国間自由貿易協定であるTPPは、オーストラリア、ブルネイ、チリ、カナダ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、米国、ベトナムが参加している。韓国は正式に加入はしていないが肯定的なシグナルを送っている。

  朴大統領は韓国側の関心に関する公式発表は自制した。この協定の主役であるオバマ米大統領が米国の政治的膠着状態のため会議に参加しなかったためだ。だが、韓国は2013年末に創設加盟国のひとつとして加入するか、2014年の協定完成段階(創設直後段階)で初の新規加盟国として加入するものとみられる。

  懐疑主義者らはすでに米国や欧州連合(EU)のような巨大経済圏と自由貿易協定(FTA)を締結した韓国がTPP加入でどのような利得を得られるか疑問を持つだろう。韓国に最も重要な市場は中国であり、TPPが(牽制しようと)最も念頭に置いている国がまさに中国であるためだ。

  だが、韓国はTPP加入で実質的な利益を得ることができる。最も重要な利益は日本と関連がある。韓国と日本のFTA交渉はこの数年間何の進展もない停滞状態だった。交渉で最も重要な障害物のひとつが、日本が韓国製品から自国を保護するための多様な関税障壁を取り除くことを避けている点だ。韓国は日本が昨年夏にTPP交渉に参加し非関税障壁などの議論に乗り出してからはじめてこれに関心を見せ始めた。韓国がTPPに成功裏に加入すれば日本市場にアプローチする機会を得られるだろう。

  韓国のTPP参加に最も重要な障害は中国と韓国内の政治的反応だった。中国と関連し韓国政府と専門家集団は当初はTPPと韓中FTAをゼロサム観点から見た。

  実際に韓米FTA締結1周年の時に過去にこの協定の交渉家として参加した人にTPPに対する韓国の関心を尋ねると返事の代わりに「韓中FTA」という言葉が返ってきた。だが、韓国のTPP参加は韓国が中国と交渉する上で妨げになるよりも潜在的なてこの役割をすることができる。特に韓国が近く入ることになる2次交渉に役立つだろう。これは初期に結論を出していた一般的な部分よりはるかに難しい領域だ。

【コラム】TPP加入で韓国が得られるもの(2)
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事