物価ショック、解決策が見つからない韓国政府

物価ショック、解決策が見つからない韓国政府

2011年09月02日09時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  高騰する物価に庶民の生活はますます厳しくなっている。1日に韓国の統計庁が発表した8月の物価上昇率は前年同月比5.3%。だが、庶民生活と密接な品目ははるかに大きく上がった。コメ価格は1年間に12.5%、サバは26.1%、玉子は30.2%、ガソリンは13.4%、都市ガス料金は10.4%上昇した。

  一部庶民関連物価は今後さらに高騰する見通しだ。農村経済研究院は、今夏降り続けた雨のためコメ収穫量が過去10年で最低を記録すると予想した。大型マートのコメ購買担当者は来月にはコメ価格が昨年より15~20%上がるとみている。

  新米は秋夕(チュソク)特需も重なりすでに急騰している。ある大型マートでは新米5キロを昨年より29%高い1万7800ウォン(約1284円)で売っている。祭祀に必須のリンゴ、ナシは早い秋夕のため品薄となっている。市場で果物店を運営するパク・チャンヘさんは、「お客が1万ウォンで買える果物の量がこれまでの半分になった」と話す。牛乳の値段もまもなく上がる。牛乳企業が最近乳牛農家に原料供給価格を上げて価格上昇が予想される。

  水産物も価格安定を期待するのは難しい実情だ。サバとイカは世界的な不漁に苦しめられながら値段が上がった。農林水産食品部関係者は、「政府備蓄を1日から大型マートに放出している。秋夕まではこうした方式で価格を安定させられるだろうが、その後も状況がかわらなければ備蓄分では耐えらない」と話した。

  政府もどうすれば物価を抑えられるか悩んでいる。しかしこれといった解決策が見つからないというのが問題だ。物価急騰の原因が気象異変による農水産物の供給不足とエネルギー・原材料価格上昇のような外部変数のため手のつけようがないためだ。韓国経済研究院のアン・スングォン博士は、「ウォン高誘導して輸入物価を下げる方法を検討すべき時」と話した。

  ◆ウォンと輸入物価=同じ1ドルを輸入しても為替相場が1ドル当たり1000ウォンの時と900ウォンの時では国内で売れる価格が異なる。当然900ウォンの時が安い。そこで政府はウォン高に誘導して物価を安定させたりもする。だが、ウォン高になると輸出品の価格競争力が落ちる副作用があり、政府も簡単には切れない難しいカードだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事