【社説】金与正氏訪韓…米朝対話の糸口が見つかることを期待する

【社説】金与正氏訪韓…米朝対話の糸口が見つかることを期待する

2018年02月08日13時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長の唯一の妹である金与正(キム・ヨジョン)氏が北朝鮮高官代表団の一員として9日から2泊3日間、韓国を訪れるのは意味が格別だ。北朝鮮の金氏一家を意味する、いわゆる「白頭(ペクトゥ)血統」の一員が韓国の土地を踏むこと自体が初めてだ。金与正氏は米トランプ大統領の娘であるイヴァンカ氏に例えて「金正恩政権のイヴァンカ」と呼ばれるほど北朝鮮の中心人物だ。

  金与正氏の北朝鮮における地位を考えると、彼女の訪韓はただ事ではない。金与正氏は金正恩体制で超高速昇進し、昨年10月に政治局候補委員に上がり、現在は宣伝煽動部第1副部長を務めている。5日、平壌(ピョンヤン)駅を出発する北朝鮮芸術団を歓送したのも彼女だった。何より1990年代後半、兄である金正恩委員長と共にスイスで留学して格別な兄弟姉妹の情を築いたうえに、現在は金委員長に苦言を呈することができる唯一の人物ということから、彼女の訪韓には多くの期待が寄せられている。韓国に滞留する間、韓半島(朝鮮半島)情勢に対する各国の声を聞いた後、これを加減なしに金正恩委員長に伝える可能性があるためだ。

  金委員長が実妹を派遣する意図も注目されている。北朝鮮が平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)を南北関係の改善はもちろん、米国との対話の出口を見つける最後の機会に見なしているのではないかという分析が出る理由だ。トランプ政府の北朝鮮に対する政策は最も強硬だ。北朝鮮の戦略施設を制限的に精密攻撃する「鼻血戦略」が目の前に迫っているという見方が多い。今回の五輪で米朝対話の転機を作ることができなければ、直ちに韓半島に戦雲が立ち込められるかもしれない。北朝鮮も崖っぷちに立たされる公算が大きい。

  北朝鮮がきょう予定された建軍節閲兵式に外信の北朝鮮訪問取材を許可しないのも当初、核武力完成の宣伝の場にしようとしたが事態の深刻性に気付いて規模を縮小する方向で調整したのではないかとの見方が出ている。北朝鮮自ら米国の機嫌を損なおうとしない様子だ。韓国政府はその間「風前の灯火を守るかのように」、また「凍った手に息を吹きながら」どうにか平和の火種を生かそうとしていた。金与正氏の訪韓が米朝対話の糸口を見つかるきっかけになるよう最大限の知恵を絞るべきだ。米国もどんなことが起きるか「様子を見てみよう」との回答で柔軟性を見せ始めた。「金正恩の代理人」金与正氏の訪韓が平昌五輪を真の平和五輪にさせる土台になることを期待する。

  一方、韓国内部では金与正氏の訪韓を落ち着いて淡々とした態度で迎える必要がある。北朝鮮は今まで平昌五輪を自身の計算通りに最大限利用する姿を見せてきた。玄松月(ヒョン・ソンウォル)氏と金永南(キム・ヨンナム)氏の訪韓など韓国の関心を集めるサプライズベントを相次ぎ発表した。金与正氏の派遣もこの延長線上にある。このような北朝鮮の行動に一喜一憂してもしも韓国内部の対立に陥らないように警戒すると同時に、非核化という初心を忘れてはならないだろう。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事