「ロシアはただの地域大国」…オバマ大統領、プーチン大統領に毒舌

「ロシアはただの地域大国」…オバマ大統領、プーチン大統領に毒舌

2014年03月27日09時35分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
米国のオバマ大統領
  米国のオバマ大統領がロシアのプーチン大統領に向け毒舌を飛ばした。

  オバマ大統領は25日、オランダのハーグでオランダのルッテ首相との会談後の記者会見で、プーチン大統領に関する質問が出たことを受け「ロシアは近隣諸国を脅かす地域大国にすぎない」と話した。また。「米国も近隣諸国に影響力を持ってはいるが、これらを力で抑圧したり侵略する必要はないと考える。ロシアの行為は力の表出ではなく、むしろ軟弱さの発露だ」と主張した。さらに、「ロシアが軍事的に介入しなければならないと感じて国際法を違反するのは影響力が落ちたことを意味するものであり、強大化していることを示唆するものではない」と強調した。

  特にロムニー前共和党大統領候補がロシアを「米国の地政学的な好敵手」と表現したことに対し、「ロシアは米国の国家安保でナンバーワンの脅威ではない」と評価を切り下げた。オバマ大統領の欧州訪問に随行するホワイトハウスの当局者はオバマ大統領の発言と関連し、「大統領が話そうとしたのは、ロシアがこれ以上特定地域を代表したり全世界の理念競争を率いる過去のソ連ではないという点」と釘を刺した。それとともに、「冷戦時代のソ連と違いロシアは単に無力な近隣諸国を脅かす行為をしているだけ」と話した。一言で米国と覇権を争う強大国ではなく特定地域でガキ大将役をする国にすぎないという意味だ。ロシアのクリミア半島併合を見る米国の視線がそれだけ穏やかでないという意味だ。

  オバマ大統領はロシアの行為をいまになって武力で戻すことはできないと話し、クリミア自治共和国をウクライナに原状復帰させるのは現実的に不可能だと認めた。ただ、ロシアの追加挑発を懸念し、「ロシアが追加の行動に出る場合にはロシアの国全体に影響を及ぼす制裁措置を取る」と警告した。

  一方、ロシアは25日、クリミア半島でウクライナ国旗を掲げていた最後の軍艦の機雷除去船を接収した。前日にはウクライナの基地だったフェオドシヤ海軍基地も掌握した。これでクリミア半島の軍事的対立は事実上終了した。ウクライナ議会はテニュフ国防相代行の辞任案を可決した。プーチン大統領が軍事行動を取る過程でテニュフ国防相代行が優柔不断な姿を見せたという理由からだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事