朝米首脳会談に「チャイナパッシング」懸念する中国…安倍首相は急いで訪米発表

朝米首脳会談に「チャイナパッシング」懸念する中国…安倍首相は急いで訪米発表

2018年03月10日12時01分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本・中国当局は電撃的な朝米首脳会談の話に慌ただしく動いた。両国ともに北核解決過程で疎外される「日本パッシング」「中国パッシング」を懸念する雰囲気が感じられた。

  安倍晋三首相は9日午前8時50分ごろ、トランプ大統領の電話を受けて「トランプ-金正恩会談」について知った。安倍首相の4月の訪米はこの時に電撃的に決定した。4月の南北首脳会談と5月の朝米首脳間「核談判」の前に急いでトランプ大統領に会い、北核対策に日本の立場を反映しなければいけないという安倍首相の焦燥感からだ。

  安倍首相はこの電話会談の後、記者らに「(通常国会で)予算を処理した後、4月中にも訪米して首脳会談をすることにした」と述べた。時期は4月初めになる可能性が高い。

  日本政府のブリーフィングによると、安倍首相はトランプ大統領との電話会談で「連絡をもらったことに感謝する。非核化を前提に対話を始める北朝鮮の変化を評価する」としながらも「こうした北朝鮮の動きは大統領と私自身が緊密に連携して実施してきた最大限の圧力の成果」と述べた。安倍首相が「北朝鮮が完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)のために具体的な行動をとることが必要だ」と話すと、トランプ大統領は「(経済的)制裁と軍事的圧力を今後も続けていくのは当然のこと」と強調した。

  安倍首相は記者らに「日本と米国は今もそうであるように今後も100%共にするという点にも一致した」と伝えた。

  中国外務省の耿爽報道官は「韓半島(朝鮮半島)の核問題が解決に向けて正確な方向に進んでいる」と歓迎の意を公式的に表明した。しかし人民日報の姉妹紙・環球時報は歓迎しながらも中国の利益を守ることが重要だとし、複雑な心境を表した。

  環球時報はこの日午後、電子版に掲載した社説で、「大国として中国はいわゆる北朝鮮の『米国依託』を懸念する必要はない」とし「中国は情勢の急激な変化に積極的に対応し、北朝鮮との関係を改善して情勢が良い方向に発展するよう強く支持しなければいけない」と北朝鮮への影響力強化を主張した。

  中国ネットユーザーは「朝米会談は衝撃的」とし、北朝鮮が中国の脅威になることを懸念した。中国ネットユーザーは在中米国大使館がウェイボー(中国版ツイッター)に載せた朝米首脳会談関連発表文に数百件の書き込みをした。この中には「韓国と南北・米国が同時に軍事訓練をすることになるだろう」というコメントもあった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事