俳優カン・ドンウォン「俳優も社会・政治問題に使命感を持って勉強するべき」

俳優カン・ドンウォン「俳優も社会・政治問題に使命感を持って勉強するべき」

2017年11月14日15時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優のカン・ドンウォン(写真提供=全州国際映画祭組織委員会)
  俳優カン・ドンウォンが「俳優も社会・政治問題に対して使命感を持って勉強しなければならない」という持論を明らかにした。最近、カン・ドンウォンは映画『MASTER マスター』 の日本公開を控えて現地メディアのインタビューに応じた。

  この日、カン・ドンウォンは初めて刑事役を演じたことについて質問を受け、「俳優の仕事は自身の人生を表現するというよりは、演技を通して時代を代弁することだと思う」とし「そのためには人々にもっと関心を持つことが必要で、人々の痛みも知らなければならない」と答えた。

  また「社会的課題や政治問題についても勉強する必要があると思う。一種の『使命感』だ」と話しながら「その気持ちが日増しに大きくなっている」と語った。映画の魅力について尋ねる質問には「映画の魅力は表現には限界がないことだ。主題をさまざまな方法で伝達できるし、商業的な面と芸術的な面を併せ持っている」と答えた。

  続いて「映画は人々に送りたいメッセージを明確に持っているし、俳優陣だけでなく、映画でスタッフ全員が映画を撮れば強い使命感を持って臨む。これが何より魅力的だと思う」と「使命感」を繰り返し強調した。

  カン・ドンウォンはモデルとしてデビューして2003年から俳優の道を歩き始めた。2006年『私たちの幸せな時間』、2007年『あいつの声』などで人気俳優としての座を獲得した。

  一方、2007年、あるメディアとのインタビューで家柄を公開し、大同(テドン)工業株式会社の会長だった曽祖父イ・ジョンマン氏について明らかにしたが、これによって“曽祖父親日派論争”に巻き込まれた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事