外交孤立に陥った北朝鮮、日本人料理人通じて脱出口探し

外交孤立に陥った北朝鮮、日本人料理人通じて脱出口探し

2017年03月03日09時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  朝鮮総連機関紙「朝鮮新報」は、金正日(キム・ジョンイル)の料理人として有名な藤本健二氏(70)が平壌(ピョンヤン)に「平壌ラーメン屋」を開いたと先月28日、報じた。藤本氏に言及してこなかった北朝鮮当局が突然その便りを伝えた背景に関心が集まっている。

  藤本氏が北朝鮮メディアに登場したのは今回が初めてだ。藤本氏は昨年8月に北朝鮮入りした後に姿をくらまし、先月16日にNHK放送で初めてその姿を表わした。先月平壌で藤本氏に会った消息筋は、「藤本氏は失踪説などのうわさとは違い、無事に元気に過ごしている」と話した。

  藤本氏は外部の懸念とは裏腹に、中国にも行ってきたことが明らかになった。朝鮮新報は、藤本氏が材料や調味料を購入するために中国を訪問したと紹介した。北朝鮮がこれまで藤本氏に対して沈黙で一貫していたが、このように機関紙を通じてその便りを伝えた意図は何か。藤本氏の口を通じて伝えられたメッセージを注意深く見てみると、その糸口を見つけることができる。

  藤本氏は料理店を開くことになった動機を「日本と朝鮮(北朝鮮)の関係改善と国交正常化に寄与するため」と説明した。さらに「日朝間にはさまざまな問題が横たわっているが、いつかはわだかまりを解消して手を握る日が必ず来る」と付け加えた。北朝鮮当局は藤本氏の便りを伝えながら、北朝鮮と日本の国交正常化の解決糸口を探っているように見える。

  昨年4月、北朝鮮を出て日本に入ってきた藤本氏は言論インタビューで、金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長が彼に「朝日間の掛け橋役をしてほしい」と頼んだと明らかにした。しかし、当局者や専門家は藤本氏に外交的な役割を期待するのは難しいと判断している。藤本氏は結局安倍首相に会うことができず、北朝鮮に戻ったことが分かった。

  しかし、韓国政府傘下研究機関の北朝鮮専門家は「金正男(キム・ジョンナム)氏の暗殺や北核問題で外交孤立に陥った北朝鮮当局が日本を脱出口にしようと考えている可能性がある」としながら「北朝鮮の動きが以前に比べて早まる場合、日本政府の対応が注目される」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事