【時視各角】朴槿恵大統領の3本目の矢(2)

【時視各角】朴槿恵大統領の3本目の矢(2)

2015年06月29日11時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  事故の翌日、珍島彭木(ペンモク)港の室内体育館でも大統領は壇上にいた。警護員が二重、三重に取り囲んでいた。これに先立ち鄭ホン原(チョン・ホンウォン)首相が怒った遺族から水をかけられたため、警護室は警戒していたのかもしれない。しかし高性能マイクを握った壇上の大統領の姿からは、グラウンドゼロのブッシュを思い出せなかった。もし壇上から下りて遺族を抱擁し、政府の遅い対処を叱り、現場で事故を収拾する姿を見せていれば。そうして民心を変えていれば、年初に司正の刀を抜く必要も、「成完鍾(ソン・ワンジョン)リスト」に振り回されることもなかったかもしれない。

  第一歩を逃した大統領に先月20日、もう一度チャンスが訪れた。国内で最初の中東呼吸器症候群(MERS)患者が出た日だ。しかし大統領は今回も遅れた。3次感染者が出た2日にも全羅南道麗水(ヨス)の創造経済革新センターに行った。その間、4つにもなる「コントロールタワー」は右往左往した。防疫網は問題が多かった。患者が出て16日目、黄色いジャンパー姿の大統領は国立中央医療院を訪れた。しかし矢はすでに民心を大きく外れた。

  しかしMERS対処失策を謝罪しろという圧力に対し、大統領は与野党に向けて逆攻勢の矢を放った。国会法改正案に拒否権を行使しながらだ。来年4月の総選挙、再来年12月の大統領選挙で「背信の政治」を審判すると勝負をかけた。しかし青瓦台と国会の衝突で直ちに「半身不随国会」が再演された。民生法案どころか、差し迫っていた景気浮揚補正予算の国会通過まで不透明になった。セウォル号、MERS、干ばつの三角波ですでに傾いた韓国経済号が、このまま米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ台風まで迎えればどうなるのか。古今東西、経済を破綻させて選挙で勝った政権があるだろうか。

  チョン・ギョンミン経済部長

【時視各角】朴槿恵大統領の3本目の矢(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事