潘基文総長、ロケット砲攻撃免れる

潘基文総長、ロケット砲攻撃免れる

2010年07月23日09時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  潘基文(パン・ギムン)国連事務総長の一行が一瞬の差でアフガニスタン反軍のロケット砲攻撃を避けていた事実が一歩遅れて伝えられた。20日(現地時間)アフガンの首都カブール国際空港でのことだ。カブールに行く直前、国連専用機前のガラスに発見された亀裂のため出発が遅くなったおかげで反軍攻撃を免れたと潘基文総長に随行した側近が21日伝えた。

  潘基文総長一行は20日、アフガンのカブールで行われた国際会議出席のため、前日、専用機に乗った。当日夕方、燃料を満たすためにグルジアの首都トビリシにしばらく着陸した。この際、偶然に操縦席前のガラスに小さな亀裂が発見された。そのまま離陸していたら高空で大型事故につながる恐れがあるという操縦士の言葉で出発が延期された。

  カブール国際会議は潘基文総長を含む世界40カ国70人の代表が出席する予定だった。出席者名簿には韓国を訪問したヒラリー・クリントン米国務長官も入っていた。なお潘基文総長はハミド・カルザイ・アフガン大統領と会議を共同主管することになっていた。この日の会議はアフガン駐屯米軍撤収を含み、アフガンの未来を決める席だった。潘基文総長一行にグルジア政府が代替航空機を出した。

  飛行機を乗り換えることから出発は40分遅くなった。ところで実際にカブール国際空港に着陸しようとしていた潘基文総長一行は管制塔から緊急の無線連絡を受けた。「30分前、滑走路に反軍のロケット砲攻撃を受け、着陸が難しい」という伝達だった。カブールで開かれる国際会議を妨害するために反軍が空港を狙ったのだ。潘基文総長の乗った飛行機は空中を4~5回旋回し、結局、機首を回して隣近バグラム米空軍基地に非常着陸した。潘総長一行は2機の米軍ブラックホークヘリコプターの護衛を受けて20日未明、4時30分になってカブール大統領宮に到着した。1時間30分休んだ潘基文総長はすぐカルザイ大統領と朝食会会同をし、共同で国際会議を開催した。

  潘基文総長に随行した側近は「国連専用機に問題が発見されなかったら潘基文総長はアフガン反軍の標的になっただろう」とし「わずかの差で反軍攻撃を免れた」と説明した。「潘基文総長は危急な瞬間にも会議準備に没頭していた」とし「当初予定していた日程をすべて消化した」と付け加えた。

【ホットクリック】

・「韓米同盟、日米同盟以上に格上げ」
・「幸せな国」デンマークが1位…韓国56位・日本81位
・米国務長官「制裁受けるべき北朝鮮の人物を把握」
・クォン・サンウ、当て逃げから40日…国内ファンに謝罪
・米空母「ジョージ・ワシントン」に乗ってみると…
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事