中国側の心を動かした文大統領の一言「一花独放」(2)

中国側の心を動かした文大統領の一言「一花独放」(2)

2017年11月14日15時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席した文在寅大統領と中国の習近平国家主席が11日午後(現地時間)、ベトナム・ダナンのクラウンプラザホテルで首脳会談前に握手を交わしている。(青瓦台写真記者団)
  習主席が強調した2つ目の堅持は互恵協力だ。「一花独放不是春 百花斉放春満園」という言葉を引用して説明した部分だ。習主席はこの部分を提示しながら、韓国との自由貿易協定と金融協力の強化などを強調した。文大統領もこの日、経済分野の協力再開を要求しながら「金融協力」を挙げた。文大統領がこの日、李首相に提案した韓国ウォン・中国人民元直接取引市場の発展も金融分野だ。

  また習主席は「平和と安定を堅持して共同の基盤を守らなければいけない」という点を3つ目の堅持に挙げた。習主席は寄稿で「動乱が発生すれば域内のいかなる国も無事でない」とし「中韓両国が責任感を持ってこの地域の恒久的な平和と安定を実現するために建設的な役割をしなければいけない」と強調した。

  これは「韓半島(朝鮮半島)戦争不可論」を基礎に最大限の圧力を加えるものの、最終的には平和的に北核問題を解決するという文大統領の一貫した主張と一致する。

  習主席の最後の前提は「人文交流を堅持し、友情の橋を建設すること」だった。文大統領はこの日の会談でも文化・観光交流の再開を最初に要求した。特に今回の東南アジア歴訪中に「韓・ASEAN未来共同体」構想を提示し、「『人が先だ』という私の政治哲学はASEANが追求する『人指向、人中心』共同体ビジョンと一致する」と強調した。

  文大統領と習近平主席は来月、中国北京で首脳会談を行う。文大統領はこの日、李首相と予定時間の30分を超えて50分近く会談を続けた。会談中には李首相が好きな囲碁に言及しながら対話を進めたという。文大統領はアマ4段レベルの囲碁の実力を持つ。李世ドル(イ・セドル)九段が人工知能「アルファ碁」との対局記録を書いた本には推薦の言葉を載せたりもした。韓国と中国が在韓米軍のTHAAD配備問題をめぐる葛藤を解いて関係正常化を図り、以前のような中国人団体観光客の訪韓に対する期待感が国内観光業界で高まっている。

  文大統領はこの日の会談が終わる前、「まだ話したいことが多く残っているが、来月の首脳会談で十分に議論することにしよう」と述べた。すると李首相は「囲碁の話も続けよう」と答えたという。

中国側の心を動かした文大統領の一言「一花独放」(1)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事