<崔順実ゲート>若者に虚脱感…「韓国を永遠に離れたい」

<崔順実ゲート>若者に虚脱感…「韓国を永遠に離れたい」

2016年11月08日11時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「崔順実(チェ・スンシル)国政壟断」事件以降、朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率は「暴落」した。韓国ギャラップが4日に発表した朴大統領の支持率は5%だった。通貨危機当時(1997年)の故金泳三(キム・ヨンサム)元大統領の支持率(6%)よりも低い歴代最低値だ。特に20・30代の若者の怒りが爆発的だ。朴大統領に対する20・30代の支持率は1%。支持率とも言いにくい数値だ。

  若者の怒りが特に激しい理由は崔順実容疑者の娘チョン・ユラ氏(20)の影響が大きい。激しい入試競争の中で苦労して大学に合格し、合格後にも深夜まで課題と試験勉強をする大学生は、チョン氏の入学・単位特恵問題に敏感に反応するしかない。大学卒業とともに「就職」というもう一つのヤマを越えなければいけない若者に、チョン氏の「お金も実力」発言は怒りを越えて虚脱感まで感じさせた。

  大学生のキム・ジソンさん(23)は「頑張って黙々と努力すればよいという大人の言葉はもう信じることができない。韓国を永遠に離れたいという考えになる」と語った。ある大学生団体によると、全国の大学で先月26日から5日まで計137回の声明発表があったという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事