「グーグル、個人情報無断収集」 韓国で初めて摘発

「グーグル、個人情報無断収集」 韓国で初めて摘発

2011年01月06日11時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  警察庁サイバーテロ対応センターは6日、多国籍IT企業のグーグルがインターネット地図サービス「ストリートビュー」の制作過程で、個人情報を無断で収集した疑いを確認したと明らかにした。同じ容疑で捜査中の世界16カ国のうち、これを事実として確認したのは韓国が初めてとなる。

  これに先立ち警察は昨年8月、江南区駅三洞(カンナムグ・ヨクサムドン)にあるグーグルコリアの事務室を家宅捜索し、ストリートビュー制作に使用されたハードディスク数十枚の分析作業を行ってきた。警察は最近、これらハードディスクの暗号の解読に成功し、個人使用者が無線LAN(Wi-Fi)網を通してやり取りした電子メールとメッセンジャーの内容がハードディスク内に含まれているのを確認した。

  これを受け、警察はストリートビュー制作プログラムを作ったり指示した本社の関係者を刑事処罰する方針だが、その対象が誰かはまだ特定できない状況だ。警察庁の関係者は「処罰対象が米国人である可能性が高いだけに、韓国警察が誰であるかを確認しても処罰が可能かどうかは現在では不透明」と述べた。

  問題になったグーグルの「ストリートビュー」は、インターネット地図を通して検索場所の映像情報を提供するサービス。すでに米国・ドイツ・オーストラリアなどで提供中で、韓国でもサービス開始を控えている。

【ホットクリック】

・「死んだら終わり」 金泳三元大統領が50億ウォンの財産を寄付
・「失踪した日本人女性を捜しています」広告出した韓国人社長
・北朝鮮鉱物埋蔵量の潜在価値7000兆ウォン…中国に安値で渡る可能性も
・ネクソンのゲーム3種類が日本で最高人気のゲームに
・少女時代とKARA、日本のゴールドディスク賞で新人賞
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事