朝鮮は“本の国”、17世紀には日本語教材も

朝鮮は“本の国”、17世紀には日本語教材も

2009年09月11日11時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  ソウル大奎章閣(キュジャンカク)韓国学研究院が重要所蔵図書を紹介した図緑「奎章閣と本の文化史」(京仁文化社、256ページ、4万8000ウォン)を最近出版した。奎章閣は正祖(チョンジョ)が作った王立図書館であると同時に当代最高の人材が集まった「シンクタンク」だった。今は古図書17万5000冊など28万点余りの資料を所蔵した所となった。朝鮮時代、初の金属活字である癸未字で印刷した「十七史纂古今通要」など▽国宝7種7125点▽宝物8種28点--を含む。

  キム・ヨンシク・ソウル大学奎章閣韓国学研究院長(62)は「朝鮮の文化と名乗れるほどの一等商品はまさに文献」と序文で強調した。文明の中心だった中国に比べても恥ずかしくない自負心の根源は、まさに朝鮮の膨大な文献にあったのだ。

  漢文や歴史には明るくないという読者でも多様な分野をあまねく扱った昔の文献の存在そのものがおもしろいと感じるだろう。「捷解新語」は17世紀の日本語教材だ。朝鮮王朝は日本語の平仮名を金属活字に直接鋳造して印刷した。国語史だけではなく中世日本語研究においても貴重な資料だ。「方言輯釈」は18世紀の「5カ国語辞典」だ。韓国、中国、満洲、モンゴル、日本語の5言語の語彙5006個を収録している。

【ホットクリック】

・  【コラム】足を引っ張る国、興奮する国
・ 【社説】国家競争力を蝕む技術の海外流出
・ 韓国、世界トップ級の精密標準信号発生器を開発
・ 大邱世界陸上大会、ボルト不参加でごたごた
・ ソン・スンホン「犬と一緒に歩くだけと言われて…」
・ BBクリームで世界進出の夢かなえたCEO
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事