俳優パク・ヘジン、26カ国・1400人とグローバルファンクラブ創立へ

俳優パク・ヘジン、26カ国・1400人とグローバルファンクラブ創立へ

2017年10月16日10時42分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優パク・ヘジンのファンミーティングの様子。
  俳優パク・ヘジンのグローバルファンクラブ「CLUB Jin’s」第2期創立式が開催された。

  14日、ソウル松坡区(ソンパグ)オリンピック公園ウリィ金融アートホールで開かれた今回の創立式には、韓国ファンをはじめ日本・中国・マレーシア・香港・イラン・オーストラリア・スペイン・ロシアなど計26カ国から約1400人のファンが参加し、イベントは予定時間をはるかに超える3時間余りにわたって行われた。

  2部に分けて行われたファンミーティングは、近況トークや質問コーナー、○×クイズ、第2回CLUB Jin’sオリンピックゲーム、客席団体写真撮影などが順に行われた。特にファンからの反応が良かったオリンピックゲームは、パク・ヘジンとファンが一緒になって「体で語ります」「静寂の中の叫び」「空気遊び」など4ラウンドにわたってゲームを行った。

  ラウンドごとに抽選を通じてファンを選び、5対5でゲームを進めた。普通のファンミーティングではスター中心でパフォーマンスを見せることが多いが、パク・ヘジンはファンと積極的に交流しながらファンの参加を促し、熱い反応を得た。実際、パク・ヘジンはゲームで負けた後、ファン一人ひとりとハイタッチをする罰則を進めながらも笑顔を隠すことができなかった。

  ファンのためにダンスも披露し、会場を大きく沸かせた。ゲストには次期ドラマ『四子』(仮題)で共演予定の俳優クァク・シヤンとJTBCドラマ『マン・ツー・マン~君だけのボディガード~』で共演した俳優テ・イノや女性お笑い芸人のシン・ボンソンが登場して大きな拍手を受けた。MCに登場したディンドン(DingDong)はディンドンタイムを通じてファンにたくさんのプレゼントを手渡した。3時間にわたる情熱あふれるイベントのクライマックスで、パク・ヘジンはファン一人ひとりに感動のメッセージを伝え、熱気いっぱいのファンミーティングを締めくくった。

  一方、パク・ヘジンは来年上半期に放送されるドラマ『四子』の主人公にキャスティングされている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 俳優パク・ヘジンのファンミーティングの様子。
  • 写真=俳優パク・ヘジンのファンミーティングの様子。