<崔順実ゲート>ソウル大教授728人「朴大統領は資格喪失」

<崔順実ゲート>ソウル大教授728人「朴大統領は資格喪失」

2016年11月08日11時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「憲政蹂躪事態を懸念するソウル大教授の会」が7日、校内で声明を発表した。
  ソウル大教授700人余りが、崔順実(チェ・スンシル)容疑者(60、拘束)の国政壟断事件に対して朴槿恵(パク・クネ)大統領と与党セヌリ党が責任を取るべきだという趣旨の「時局宣言」をした。ソウル大教授(約2200人)の3人の1人が参加した。

  チョ興植(チョ・フンシク)ソウル大教授協議会長ら「憲政蹂躪事態を懸念するソウル大教授の会」所属の728人は7日午前、ソウル大アジア研究所で「国民は、現政権が単に不正腐敗に染まるレベルでなく、民主共和国の最も基本的な秩序まで蹂躪して破壊したと悟っている。朴大統領は国政の最高責任者として憲政秩序を守る資格を喪失した」という内容の宣言文を発表した。続いて▼朴大統領が国政から身を引く▼検察が憲政秩序破壊と不正に対して徹底的に捜査する▼セヌリ党指導部の辞退▼検察首脳部の全員交代▼検察改革--などを要求した。続いて教授らはソウル大の学生とともに校内4・19追悼碑まで行進した。

  今回の参加者数は、2008年の大運河反対(381人)、2014年のセウォル号真相究明要求(204人)、昨年の歴史教科書国定化反対(313人)など教授が参加した「時局宣言」のうち最も多い。

  ユ・ヨンテ・ソウル大歴史教育科教授は「ソウル大開校以来、最多人員が参加した声明として記録される」と述べた。ユ教授は「時局宣言文には一部の教授の指摘のため下野・弾劾など政治的な用語を入れなかったが、政府が要求事項を受け入れなければ、今後は市民団体の大統領退陣運動に参加する」と伝えた。

  ソウル大教授の時局宣言は他の大学に比べてやや遅かった。チョ教授協議会長は「先月末から時局宣言を準備していたが、加湿器殺菌剤事件、故ペク・ナムギ氏死亡診断書事件などソウル大の教授がかかわった問題に対する内部省察の時間が必要だった」と説明した。教授協議会は15日、時局大討論会を開催する。討論会には内部関係者だけでなく鄭雲燦(チョン・ウンチャン)元首相、崔章集(チェ・ジャンジブ)高麗大名誉教授、金恵淑(キム・ヘスク)梨花女子大教授協議会長らが参加する。

  体育市民連帯など体育関連団体の会員592人もこの日、「国民が委任した権力を私有化して国を滅ぼした朴大統領は退くべきだ」という内容の声明を出した。また「その間、スポーツは国威宣揚という美名のもと、政権に服務して市民を糊塗し、政治的な利害関係に弄ばれた。チョン・ユラ氏、チャン・シホ氏、文化体育部の金鍾徳(キム・ジョンドク)元長官とキム・ジョン前次官、コ・ヨンテ氏らを司法処理するべきだ」と主張した。

  大学関係者の間では「朴槿恵政権退陣のための11・10同盟休学を提案します」という文が学内の新聞や印刷物、オンラインを通じて広まっている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事