韓国が空中早期警報統制機を保有、日米よりも性能が上(2)

韓国が空中早期警報統制機を保有、日米よりも性能が上(2)

2011年08月02日11時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  防衛事業庁関係者は、「北朝鮮地域の空中と海上の物体など韓半島全域の空中と海上の標的1000件余りを同時に探知することができる」と話した。ミサイル警報装置(6台)とフレアー(照明誘引弾)とチャフ(金属破片噴射装置)などの装置を持ち、ミサイルを避けることもできる。胴体後部上段に搭載されたレーダーは重さだけで2.26トンだ。

  ピースアイは空中統制機能もあり、有事の際に中央防空統制所(MCRC)の機能を果たす。航空機内で探知、分析、識別など10の任務を同時に遂行する。KF-16、F-15K戦闘機との通信にも制限がない通信システムを持っている。ピースアイと烏山(オサン)のMCRC通信システムが連動されており、収集された情報が空軍飛行団と戦闘機、陸海軍、海兵部隊にリアルタイムで伝えられる。海軍が運用するイージス艦とも通信システムが連動され、収集された情報を相互交換することができる。ピースアイが空の指揮所と呼ばれる理由だ。

  ピースアイ導入で韓国は米国、北大西洋条約機構(NATO)、フランス、英国、日本、オーストラリア、トルコ、サウジアラビアに続き9番目に空中早期警報統制機を保有することになった。しかもピースアイはボーイング737型機を改造した最新鋭機種で、米国、フランス、日本が保有する既存の早期警報統制機(AWACS)より一段階グレードアップしたモデルだ。米国とフランスはB707型機を改造し、日本は767型機を改造した。

  ピースアイ1機の価格は4億ドルで、2~4号機は現在韓国航空宇宙産業(KAI)で最新型MESAレーダーと電子装備などを装着している。来年に空軍に引き渡す予定だ。

  

韓国が空中早期警報統制機を保有、日米よりも性能が上(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事