韓国が空中早期警報統制機を保有、日米よりも性能が上(1)

韓国が空中早期警報統制機を保有、日米よりも性能が上(1)

2011年08月02日11時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
空中早期警報統制機(ピースアイE-737)1号機が1日、空軍金海基地に到着した。この航空機は来月初めに韓国空軍に引き渡され、韓半島全域を監視する任務を開始する予定だ。
  「空の指揮所」と呼ばれる空中早期警報統制機「ピースアイ(Peace Eye・E-737)」1号機が9月から韓半島上空を飛ぶことになる。北朝鮮の空中および海上挑発の兆候を早期にとらえると同時に韓国軍部隊に伝える重要な情報資産だ。ピースアイは先月30日、米シアトルのボーイング社工場を出発しハワイとグアムの米空軍基地を経て56時間かけて1日午後に空軍金海(キムヘ)基地に到着した。

  防衛事業庁関係者は、「来年までに国内に導入される空中早期警報統制機(AEW&C)4機のうちの1機で、韓国上空で運用試験飛行をした後、最終受諾検査などを経て9月初めに空軍に引き渡す」と明らかにした。ピースアイは「平和を守る目」という意味で、空軍が昨年国民公募で選定した名前だ。

  ピースアイ導入で韓国軍の北朝鮮監視能力は画期的に高まることになった。軍関係者は、「任務遂行時の死角地帯がない。昨年の北朝鮮の哨戒艦挑発以後、安保改革次元で推進してきた情報資産強化の一環だ」と話した。ピースアイの能力は、MESA(多機能電子走査アレイ)レーダーシステムなど最先端装備によるもの。既存の早期警報機は胴体上部の円盤状アンテナが12秒間隔で1回転するため、必要な部分を監視するのに12秒かかっていたが、ピースアイは同時に360度の監視が可能だ。探知距離は370キロメートル、レーダー出力を高め1カ所を集中的に監視する場合には500キロメートル以上だ。韓半島全域はもちろん周辺国まで監視圏に入る。ピースアイ上部に装着された3個のレーダーを特定地域に集中させれば通信盗聴まで可能だという。特に北朝鮮軍がAN-2機に特殊戦兵力を乗せ低高度浸透飛行をしても正確に探知することができる。地上レーダーでは韓半島の山岳地形のため低高度で浸透すれば捕らえるのが容易でなかった。

韓国が空中早期警報統制機を保有、日米よりも性能が上(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事