仁川空港第2ターミナルで再跳躍、北京の新空港引き離す

仁川空港第2ターミナルで再跳躍、北京の新空港引き離す

2017年03月29日09時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
鄭日永社長は中国とシンガポールの空港の追撃で容易ではない経営環境だと話す。
  29日は仁川(インチョン)国際空港が開港して16周年になる日だ。2001年に開港してから仁川空港は飛躍的に成長した。初年度の旅客数1454万人から昨年には5776万人と4倍ほどに増え、国際貨物運送実績は世界11位から2位に上昇した。また、世界空港サービス評価1位を12年連続で記録している。だがそれを脅かす要因もますます増加している。中国などに競争相手となる大型新空港が相次いで作られており、空港の収益に大きな影響を及ぼすトランジット客も減少傾向だ。だが仁川空港は12月の第2旅客ターミナルオープンを契機に再度の跳躍を準備している。24日に仁川空港で鄭日永(チョン・イルヨン)仁川空港公社社長に会った。

  ――第2旅客ターミナルオープンまで残り少ないが。

  「ターミナル建設工事は現在工程率93%で来月には完工する。電算システムテストなどを9月までに終え12月にオープンする計画だ。第2ターミナルには大韓航空、デルタ航空、エールフランス、KLMオランダ航空の4社が入る。12月からこれら航空会社を利用する乗客は第2ターミナルに行かなければならない。6月ごろに第2ターミナルにつながる鉄道と道路などが開通したら大々的な広報に乗り出す計画だ」

  ――第2旅客ターミナルの特徴は何か。

  「第4次産業革命の核心であるビッグデータと拡張現実・バーチャルリアリティなど先端技術を総動員して利用が最大限便利になるようにした。また、韓国の美しさも強調する考えだ。第2ターミナルに続く道路に松の木300株を植え、建物の入口には長さ100メートルのメディアウォールを設置して韓国の風物と文化を紹介する予定だ。第2ターミナルがオープンすれば乗客が分散する効果があり出国時の所要時間も減る。いまは40分ほどかかるが20分前後に減り、4~5年後には空港に到着してから飛行機に乗るまで10分あればできそうだ。それだけサービスが向上すれば競争力もやはりさらに強まると期待する」

  ――最近は競合空港の挑戦が激しい。

  「このほど発表された世界空港サービス評価で仁川空港が12年連続で1位を占めた。だが今後が問題だ。中国・北京、シンガポール・チャンギなど競合空港は非常に脅威だ。特に中国の航空産業は恐ろしく発展している。1億人を収容できる北京の新空港が2019年に開港すれば仁川空港を利用した乗り換え客の一部を奪われる可能性が大きい」

  ――激しい競争に対抗する腹案は何か。

  「管制や運航パートで中国の技術力は韓国より5年ほど遅れている。この分野でさらに格差を広げる計画だ。また、サービス評価1位はもちろん、手荷物管理、チェックイン業務、管制、セキュリティなど空港と関連した全分野に、より集中的な投資と努力を通じて名実ともに世界1位の空港として打って出るだろう。それでこそシンガポールにも勝ち中国にも勝てる」

  ――空港周辺に複合リゾートも造成中だ。

  「空港周辺地域を自活力を備えたエアシティとして開発するために外国人向けカジノなどを備えた2つの大型複合リゾートを建設している。外国人観光客もさらに多く誘致し新規雇用も創出する一石二鳥の効果を期待している。来月オープンするパラダイスシティをはじめエアシティだけで3万件ほどの新たな雇用ができる」

  ――オフィスよりも現場に長くいるようだ。

  「1日でも旅客ターミナルなどの現場に行かなければ気になって耐えられない(笑)。現場に行けば改善すべき点が目に入る。航空関連業務を長くやってきたためのようだ」。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事