「光復節なのに…」 韓国スターの「概念vs無概念」、相反する行動

「光復節なのに…」 韓国スターの「概念vs無概念」、相反する行動

2016年08月15日16時29分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
少女時代ティファニー(左)と太極旗を掲げて光復節を祝うスターたち
  光復(解放)71周年の朝を迎えると、多くの芸能人は太極旗(韓国の国旗)を掲揚し、殉国烈士に敬意を表した。しかし旭日旗をSNSに載せて非難を浴びたスターもいた。

  2016年8月15日は第71周年光復節。各家庭は護国英霊を称えて太極旗を掲揚した。スターたちも光復節認証ショットを載せた。この日午前には俳優のイ・ギウとハン・チェア、タレントのオ・サンジン、グループDIAと歌手パダが太極旗を持って光復節を祝った。

  イ・ギウは「光復71周年の今日は胸に太極旗のバッジをつけて一日過ごそうと思います」というコメントを残し、オ・サンジンも「大韓独立万歳」として太極旗掲揚認証ショットを載せた。DIAは手書きの手紙も公開した。殉国烈士に敬意を表し、好評を受けた。

  チョン・ヒョソンは光復節を迎えて慰安婦被害者支援を呼びかけるコメントを載せ、歌手パダも太極旗を掲揚する写真とともに「光復節大韓独立万歳」というコメントを付けた。

  一方、物議をかもしたスターもいた。グループ少女時代のティファニーがその主人公だ。ティファニーは14日、東京ドームで行われたSMタウンコンサートに参加した後、メンバーと写真を撮った。

  しかし問題はティファニーが載せた写真の中の絵文字だった。8月15日の光復節を控えた時点でコメントの中に日章旗の絵文字を使ったのはもちろん、戦犯旗が入った「TOKYO」飾り文字を追加で使用した。

  ティファニーが載せた日章旗は東京コンサート後に使用したという点でまだしも、戦犯旗は大衆の非難を避けられなかった。ティファニーは絵文字と写真を削除した状態だが、すでに大衆の怒りはピークに達した。一部のネットユーザーは「光復節の日に旭日旗とはどういうことなのか」とし、KBS(韓国放送公社)第2テレビ番組『お姉さんたちのスラムダンク』からも降板するべきだという要求を出している。

  ティファニーはこの日、国内に戻る。ティファニーはまだ謝罪文を掲載していない。ティファニーが今後、どのような立場を表明するのかに関心が集まっている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事