<女子フィギュア>ユ・ヨン、韓国選手初のトリプルアクセルも転倒

<女子フィギュア>ユ・ヨン、韓国選手初のトリプルアクセルも転倒

2018年07月23日17時35分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ユ・ヨン
  韓国国内の公式競技で韓国女子選手では初めてとなるトリプルアクセルへの挑戦があった。

  キム・ヨナの後継者として注目されていているユ・ヨンが21日から開催されている2018-19シーズン国際スケート競技連盟(ISU)フィギュアスケートジュニアグランプリ派遣選抜戦で1位になった。

  ユ・ヨンは最初のジャンプでトリプルアクセルに挑戦し、基本点6点に遂行点数(GOE)をなんと3点も減点された。今季を控えて米国でこのジャンプに集中していたため期待されたが、着地に失敗して転倒した。

  国内女子選手が公式競技でトリプルアクセルを試みたのはユ・ヨンが初めて。ユ・ヨンは22日、フリーで117.97点(技術点60.77点、構成点59.20点、減点1点)をマークした。前日のショートプログラム67.97点を加え、合計185.94点で1位になった。

  競技を終えたユ・ヨンは不意の事故で死亡したカザフスタン代表のデニス・テン選手に言及し、「その選手のためにも頑張ろうという気持ちで臨んだ」と語った。

  ユ・ヨンはトリプルアクセルに対する意志が強い選手だ。昨年7月に開催された国内大会でも「クアドロプルサルコウよりはトリプルアクセルを集中的に練習している」とし「(クアドロプルサルコウと)ともに練習しているが、成功率は70%ほど。コンディションに気をつけている」と話していた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事