外国人留学生9万人…崩れる“コリアンドリーム”(3)

外国人留学生9万人…崩れる“コリアンドリーム”(3)

2013年06月05日16時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ◆「先進国のようにメンタリングシステムを活性化すべき」

  しかし韓国の大学の事情は違う。韓国留学11年目のモンゴル出身のオトゴンバヤルさん(39、ソウル大博士課程)は「私立大にも国立大にも通ったが、メンタリングシステムがあるという話は聞いたことがない」と話した。取材陣が確認した結果、漢陽大などごく少数を除いて、外国人留学生向けのメンタリングシステムはないか、あるとしても形式的な運営にとどまっている大学がほとんどだ。

  目に見えない偏見や仲間はずれも留学生活を苦労させる要因だ。ある首都圏大学の留学生は「中国人は汚いという偏見のためか、空いていてもエレベーターに一緒に乗ろうとしないことがある」とし「留学生活中に傷つくことが何度かあった」と話した。釜慶大に通うマレーシア出身の留学生(24)は「外国人留学生は学生歓迎会など学科の行事から除かれることがある」と語った。

  苦労して学業を終えた留学生にとって就職は大きなヤマだ。留学生にとって国内就職は非常に難しい。留学生をさらに苦しめるのは、就職情報を提供するところさえないという点だ。すべての大学が卒業生の就職率を高めようと力を注いでいるが、統計に含まれない留学生に対する支援は皆無に近い。韓国語で履歴書の書き方を教えるところもほとんどない。

  年間およそ1万人の外国人留学生卒業者のうち国内就職者は100人未満という。卒業と同時に本国に帰ること以外に選択肢はないということだ。留学生が韓国に来る時に抱いていた希望は、本国に帰る頃は失望に変わっている。少なくない留学生の胸に反韓感情が積もる。

  首相傘下の経済人文社会研究会が2010年に韓国の中国人留学生1200人を対象にアンケート調査をした結果、40%が「留学生活中に反韓感情を抱いた」と答えた。留学生活をする前の期待と実際の満足度の格差も大きいことが分かった。京幾開発研究院が昨年、京幾道内の中国人留学生を対象に実施した調査でも、66.1%が留学前の期待より満足度が低いと答えた。

  カン・ソンジン高麗大国際処長は「多数の知韓派をつくることも重要だが、少数の核心親韓派エリートを作ることがもっと重要だ」とし「留学生誘致政策を“質”中心に変え、日本文部科学省の奨学生制度のように外国の優秀人材を誘致できる戦略を立てるのがよい」と助言した。

外国人留学生9万人…崩れる“コリアンドリーム”(1)

外国人留学生9万人…崩れる“コリアンドリーム”(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事