韓国海軍フリゲート「馬山」、原因不明の爆発…1人死亡

韓国海軍フリゲート「馬山」、原因不明の爆発…1人死亡

2018年06月19日14時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
慶尚南道統営の海上で訓練中だった海軍護衛艦で事故が発生し、隊員1人が死亡した。(※この写真は記事内容とは直接関連ありません)(写真=中央フォト)
  慶尚南道統営(キョンサンナムド・トンヨン)の海上で訓練中だった韓国海軍の蔚山(ウルサン)級フリゲート「馬山(マサン)」(1500トン級)で爆発事故が発生し、下士1人が死亡した。

  19日、海軍本部によると、この日12時30分ごろ慶尚南道統営市欲知島(ヨクチド)の南25マイル沖で訓練中だったフリゲート「馬山」で原因不明の弾薬爆発事故が発生した。

  この爆発でイ下士(21)が頭部損傷などの重傷を負って海軍海上作戦ヘリコプターを使って外傷センターのある釜山(プサン)大病院に運ばれたが亡くなった。事故は射撃訓練のために30ミリ弾薬を解除する作業をしている途中で弾薬が爆発して事故が起きたものとみられている。

  海軍関係者は「爆発地点や経緯などは確認中」としながら「馬山が陸地に入港し次第、正確な事故原因を調査する計画」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事