【グローバルウォッチ】地球村の希望に逆行する習近平とトランプ(1)

【グローバルウォッチ】地球村の希望に逆行する習近平とトランプ(1)

2018年03月09日16時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  先週、アジア・太平洋地域の二人の核心指導者が驚くべき政治的歩みを見せた。習近平中国国家主席は自身の野心に満ちた計画を阻害する障害物を片づけることができる政治的装置を作ることに取りかかった。トランプ大統領は米国の影響力を弱める自滅的決定で大混乱の時期をもたらした。

  主席・副主席の任期撤廃に向けた習主席の共産党党憲改正提案はアジアの政治地形を見守っていた多くの人々に衝撃を与えた。1989年天安門事態を鎮圧する過程で明らかになったように、鄧小平は民主主義擁護者ではなかった。だが、彼は毛沢東による権力の独占で中国が払った代価を誰よりもよく分かっていた。鄧小平が残した最高の政治的遺産は改革・開放政策と共産党党憲樹立だ。政治制度化を通じて主席の交代を法制化した。これを受け、江沢民と胡錦濤執権期には党内部も民主的に一歩進んだ。

  習近平時代にこのような前進は中断された。それでも鄧小平の遺産が保存されるだろうとの楽観論が続いた。しかし、もうこれ以上はない。専門家たちは中国を再評価している。英国の週刊誌「エコノミスト」は最近「欧米がどのように中国を誤解したのか(How the West Got China Wrong)」という見出しでこのような現実をよく説明した。

  米国のアジア戦略は中国に対する牽制と介入で中国内部での発展を引き出すことだった。そのような発展で中国が完全な民主主義ではないが、せめて多元主義国家に変わり、市場にやさしい経済に対する熱望も強固になるものと期待した。だが、2つの希望がすべて消えた。中国政治制度は過去に逆行しており、一帯一路(陸上および海上シルクロード)など国家主導の事業が増えている。

  習主席の戦略は相当な危険を伴う。内部の激しい反発にぶつかる可能性もある。もちろん、現在は彼が中国の力を誇示するのにリーダーシップを集中させて政治能力を育てることで誰も対抗できない状況が展開されるというのが専門家たちの大方の見方だ。THAAD(高高度防衛ミサイル体系)配備をめぐって韓国と中国両国が激しく対立した時期に比べて韓中関係は改善されたものの、韓国が中国の動きを鋭意注視するのは当然だ。

【グローバルウォッチ】地球村の希望に逆行する習近平とトランプ(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事