仁川国際空港のある永宗島、韓流博物館建設を推進

仁川国際空港のある永宗島、韓流博物館建設を推進

2012年04月13日16時08分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  仁川市永宗島(インチョンシ・ヨンジョンド)に韓流博物館が建設される。

  13日、エアポートロイヤルプラザ(代表キム・ソンテ)は、マウンテンスターと提携して韓流博物館の建設契約を締結した。韓流博物館は今年下半期に永宗島仁川国際空港国際業務団地に約2400坪規模で建設される。

  これは仁川国際空港を利用する国内外の利用客に韓流文化体験とあわせてイメージの相乗効果を出すための戦略だ。第1世代アイドルH.O.Tの元マネージャーのホ・ナム博物館長の陣頭指揮の下、韓流スターの一挙手一投足が撮影された約1300点の物品が展示される予定だ。

  ホ館長は「韓流ブームはオリンピック、ワールドカップ以上に国家ブランド価値を高められる」とし「韓流文化を1カ所で体験できる空間なので、持続的な外国観光客の誘致や地域経済発展に貢献できるだろう」と見通した。

  ホ館長によると、韓流博物館はチャン・グンソク、、ヒョンビン、キム・テヒらの演技者や、SUPER JUNIOR(スーパージュニア)、少女時代、2NE1(トゥエニィワン)、SHINee(シャイニー)らのK-POPスターらの情報はもちろん、韓食・ファッションなど幅広い体験を楽しめる空間として作られる計画だ。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事