UAEに輸出する原発APR-1400とは

UAEに輸出する原発APR-1400とは

2009年12月28日09時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  フランス原発より建設・燃料費2割安く

  韓国がアラブ首長国連邦(UAE)に輸出する原子力発電所の新型軽水炉(APR-1400)は、1992年から2002年までの10年間、韓国水力原子力などが2300億ウォン(約180億円)を投じて開発した。95年に開発が完了したOPR-1000に比べて発電容量は1000メガワットから1400メガワットに40%も増え、稼働寿命も40年から60年に伸びた。

  APR-1400は競合国の原発に比べて建設・発展費用が少ないのが長所だ。知識経済部によると、世界で最も優れた原発といわれる仏アレバのEPR-1600に比べて建設費が20%、発電燃料費は23%安い。燃料効率がそれだけ高いということだ。こうした経済的な効率性がUAE原子力発電所事業を受注するのに決定的に作用したという分析だ。競争国で新型原発を開発しない限り、経済効率の優位は維持される。このため、政府や韓国電力は今後、第三国の原発受注展望も明るいと考えている。

  国内では2013-2016年に稼働する新古里(シンゴリ)3.4号基と新蔚珍(ウルチン)1・2号機をAPR-1400モデルで建設している。さらに未来型原発と呼ばれるAPR+の開発にも拍車を加えている。07年に開発を始め、1800億ウォンを投じて2012年に開発を完了する計画だ。APR+は発電容量が1500メガワットとAPR-1400に比べて大きく、燃料効率をさらに高めることを目標にしている。また現在自立率95%水準の原発技術を2012年までに完全国産化し、APR+に適用する予定だ。今後3年以内に100%国産化された原発を確保し、世界市場の門を叩く計画だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事