駐韓米国大使「規制多い韓国、海外企業が進出を敬遠する国になりうる」

駐韓米国大使「規制多い韓国、海外企業が進出を敬遠する国になりうる」

2016年06月01日14時54分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  マーク・リッパート駐韓米国大使が、韓国は企業規制が多いため海外企業が進出を敬遠していると指摘した。

  1日、ソウル朝鮮ホテルで世界経済研究院の主催で開かれた「韓米経済協力:現況と展望」朝食会の講演で、リッパート氏は「米国人・韓国人を問わず、政府や企業関係者に会うと韓国における規制改革の必要性が大きいと言う」と述べた。

  リッパート氏は「多くの人々の間で、韓国だけの企業規制が多いという認識が広まっている」とし「これによって韓国は世界のさまざまな国とFTAを締結下にもかかわらず海外企業が進出を敬遠してする国になり、進んでパートナーシップを奪われにいくという状況になりかねない」と評価した。

  韓米FTAに対しては「関税と非関税の障壁を取り除くなど進展と成果があったが、依然として韓国は事業しにくい環境」と評価し、「法律サービスの開放など韓米FTAの残された課題を解決していかなければならない」と強調した。

  このような発言に対し、3日の韓米財務長官会議の開催を控えてリッパート氏が韓国を圧迫しているという解釈も出ている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事