『ドラマの帝王』藤井美菜、映画『オオカミ少年』見て大泣き

『ドラマの帝王』藤井美菜、映画『オオカミ少年』見て大泣き

2012年12月05日17時50分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本人女優の藤井美菜。
  SBS(ソウル放送)の月火ドラマ『ドラマの帝王』に出演した日本人女優の藤井美菜が、俳優ソン・ジュンギ主演の映画『オオカミ少年』を見て涙を流した。

  藤井美菜は『ドラマの帝王』製作会社を通じて「韓国語と演技の勉強のために、普段から韓国映画やドラマをよく見ている。今回は『オオカミ少年』を見たが、感情移入しすぎて大泣きした。2回見たがまた見たいと思うほど感銘を受けた」と伝えた。

  藤井美菜は『ドラマの帝王」でアキコ役として出演し、“第2のユミン”というニックネームでポータルサイト検索語ランキングの上位圏に入った。出番はそれほど多くなかったものの、目を引くルックスと印象深い演技で視線を釘付けにした。

  実際にも藤井美菜は、日本の名門大学である慶応大学を優秀な成績で卒業し、12年間学んだピアノの腕もかなりのものだという。藤井美菜は「韓国での人気は実感できないが、いろいろな反応を返してくれて感謝している。今後、自然な演技ができるように韓国語を一生懸命勉強して、多くの作品に挑戦していく」とし「韓国での演技活動はすごく楽しい」と話した。

  また、一緒に仕事をしてみたい演出者として、現在『ドラマの帝王』で脚本を書いているチャン・ハンジュン監督を挙げた。藤井美菜は「チャン・ハンジュン監督は、作家としても監督としても優れた感覚と能力を持っている。今回は作家と女優として会ったので、次回は監督と女優として会いたい」と明かした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事