世界最高レベルの韓国原発…日米仏より高い稼働率93%

世界最高レベルの韓国原発…日米仏より高い稼働率93%

2009年12月28日08時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国原発の技術競争力は世界最高レベルだ。稼働率を見てもそうだ。昨年の国内原子力発電所の稼働率は93.4%で、日本(59.2%)・米国(89.9%)・フランス(76.1%)よりも高い。稼働率が高いということは故障が少ないという意味であり、それだけ原子力発電所の建設が優れ、徹底的に管理されているということだ。

  実際、韓国は原発の設計・部品・建設・運用など全分野にわたり高い技術水準を誇る。30年にしかならない商用原発の歴史にもかかわらずだ。これは世界的にも非常に珍しい。

  原発設計技術は1995年に独立した。韓国は約30年前、第1号原発の古里(コリ)原発を建設する際に米ウェスティングハウスから導入した技術を発展させ、95年に韓国標準型原発(OPR-1000)を開発した。蔚珍(ウルチン)3・4号基、霊光(ヨングァン)5・6号基がこの韓国標準型原発として建設された。

  蒸気発生器、原子炉容器などの核心部品は斗山(ドゥサン)重工業が世界的な競争力を確保している。日本・米国・中国も斗山重工業から調達している。

  建設技術も世界トップレベルだ。国内で20基を建設・運用し、現在8基を建設中だ。米国の場合、原発源泉技術を保有するが、30年以上も建設していないため、これを後押しする産業インフラも弱まっている。

  全般的な技術自立度は95%に達する。一部の部分を除いて完全に国内技術で設計・建設している。原発産業が機械・金属・情報通信・化学・建設技術の総合科学技術という側面から見れば、韓国の研究力と全体的な産業発展が今日の原発技術競争力を確保することになった源泉といえる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事