MBC「歌謡大祭典」のオープニング、SMAPの映像を剽窃

MBC「歌謡大祭典」のオープニング、SMAPの映像を剽窃

2008年01月02日13時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  2007年最後の日に開催されたMBC(文化放送)「歌謡大祭典」の導入部分が‘日本の人気アイドルグループのコンサート導入部をひょう窃した’という非難を浴びている。

  12月31日午後10時から放送された「歌謡大祭典」のオープニングは、芸能番組「無限挑戦」の6人のメンバー(ユ・ジェソク、パク・ミョンスら)が主人公だった。

  ジャングルの中の子供として登場した6人が恐竜に追いかけられ、途中で大人になって公演会場に入ってくるというコンセプトだった。

  問題は、この場面が日本アイドルグループSMAPの06年ツアーコンサート(「018 Pop Up! SMAP」)の導入部分とほとんど同じという点だ。

  ここでもジャングルの子供がライオンに追われ、現在の姿に変わって公演会場に現れる。 ライオンが恐竜に変わっただけで、アニメーション方式、対話内容、ほとんどのストーリーラインは同じだ。 

  ネチズンは「露骨な盗作」という非難のコメントを載せている。 これに関して制作陣の立場を尋ねようとしたが、電話はつながらなかった。

  ただ、チェ・ヨングン芸能局長は「(制作陣がアイデアを借用したとするなら)わずか3時間の公演であるうえ、核心的な部分でもないため、事実を明らかにしていなかったのだろう」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事