【社説】北朝鮮の核責任論で中国のTHAAD攻勢に対抗せよ

【社説】北朝鮮の核責任論で中国のTHAAD攻勢に対抗せよ

2017年12月12日09時11分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領の中国訪問は出発前から気が抜けた様相だ。青瓦台(チョンワデ、大統領府)によると、あす予定された韓中首脳会談後に別途の共同声明はない。代わりに共同メディア発表文でそれぞれ自国の立場を明らかにすることにしたという。青瓦台は共同声明発表は必須ではないというが、過去に韓国大統領の訪中のたびに共同声明を通じ両国関係の格上げを宣言したことに照らしてみれば、すでに気が抜けた状態だといえる。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐる対立が背景にある。共同声明にTHAAD反対を盛り込もうとする中国と、そのような必要はないという韓国の立場がぶつかり合った結果だ。

  文大統領が年内訪中に出るのにはいくつか理由がある。両国関係の早急な正常化を通じ韓国企業のTHAAD報復被害を減らそうとすることもあるが、もっと大きな理由は一触即発の危機に突き進む北朝鮮の核危機と関連し突破口を用意しようとすることだ。韓国政府はその契機を平昌(ピョンチャン)冬季五輪に求めている。五輪に北朝鮮選手団参加を誘導し韓半島(朝鮮半島)の緊張緩和の動力としようとするものだ。まだ北朝鮮の参加が不透明な状況で中国の支援を受けようとするものだ。習近平中国国家主席を五輪に招くのもそうした努力の一環だ。そうするには韓国の大統領が先に中国を訪れ習主席の訪韓への道ならしをしようということだ。

  問題は中国が韓国の事情を読んだ上でTHAAD問題を最大限活用している点だ。習主席と李克強主将が先月文大統領に会った際にTHAADを問題にしたのに続き、王毅外相は機会があるたびにけちをつける。中国人民日報も9日に両国関係の未来がTHAAD関連「三不」の立場を韓国が守るかにかかっていると報じた。THAAD反対を明確にした習主席の体面を傷つけずに韓国の三不履行も促すなど2頭のウサギを捕まえようとする意図だ。

  しかしこれは中国の「韓国手なずけ」のための無礼な振る舞いとみるほかない。はたしてこんな中国に文大統領が必ず行かなければならないのか疑問を感じるほどだ。文大統領は訪中期間中に中国のTHAAD攻勢を避けることはできないものとみられる。これに対し文大統領はTHAAD問題を触発させた本質的原因である北朝鮮の核問題を取り上げて中国に対抗しなければならない。THAADは北朝鮮の核のために導入されたのだ。その北朝鮮の核が現在のように深刻な脅威になったのには中国にも半分責任がある。北朝鮮の核を制御しようとする国際社会の努力が加えられるたびにさまざまな口実を掲げて北朝鮮に活路を開いてやったのが中国ではなかったか。

  文大統領はいまからでも中国が対北朝鮮原油供給パイプラインを閉じる決断力ある措置で北朝鮮の核解決に重要なモメンタムを作らなければならないと習主席に強く要求しなければならない。北朝鮮の核危機が解決すればTHAAD問題もまた雪が解けるようになくなると主張しなければならない。文大統領は今回の訪中で具体的成果を得ようと焦る必要はない。原則と忍耐を持って中国を相手に堂々と言うべきことは言い、ただすべきことはたださなければならない。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事