俳優クォン・サンウ、中国女優チョウ・ドンユイと「2015中国映画祭」広報大使に

俳優クォン・サンウ、中国女優チョウ・ドンユイと「2015中国映画祭」広報大使に

2015年10月23日14時02分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優のクォン・サンウ(左)と中国女優のチョウ・ドンユイ(写真提供=CJ E&M)
  俳優クォン・サンウが中国の清純スター、チョウ・ドンユイとともに「2015中国映画祭」の広報大使に選ばれた。

  中国の国家新聞出版広電総局映画局と韓国映画振興委員会が主催してCJ CGVとCJ E&Mが主管する韓中文化交流の代表的イベント「2015年中国映画祭」がことしで10周年を迎えるなか、2006年キム・ヒソン、2009年チョン・ウソン、2011年チュ・ジンモとジャン・イーイエン、2013年チョン・ジョンミョンとチャン・ツィイーに続きことしはクォン・サンウとチョウ・ドンユイが韓中両国を代表する広報大使に任命される。

  30日に開かれる「2015中国映画祭」に参加することになったクォン・サンウはドラマ『天国の階段』『悲しき恋歌』などが中華圏に放映されて人気を博した。また、ジャッキー・チェンと共演した『ライジング・ドラゴン』をはじめ、『7日間の恋人』『ライバル・ハネムーン』など中国映画などで韓流スターとして活躍している。クォン・サンウは「韓中文化交流のメッセンジャーとして両国の映画と文化を伝えることに最善を尽くしたい」と広報大使に任命された感想を明らかにした。

  チョウ・ドンユイは2010年に巨匠チャン・イーモウ監督の映画『サンザシの樹の下で』に電撃抜擢されて一躍スターダムにのし上がった清純派女優だ。特に、歴代中国ロマンチックコメディ10位の高い興行記録を打ち立てた『My Old Classmate』で初恋のアイコンとして出演、「大陸のスジ(miss A)」と呼ばれている青春スターだ。最近、イ・ジュンギやユソンら韓国俳優と一緒に映画撮影の経験も積んだチョウ・ドンユイは「今回の中国映画祭を通じて韓国ファンに挨拶できることになりうれしく思う」と伝えた。

  クォン・サンウとチョウ・ドンユイは30日、CGV汝矣島(ヨイド)で開かれる「2015中国映画祭」開幕式で広報大使に委嘱される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事