「中国の次世代ステルス機、米F-22にはるか及ばず」

「中国の次世代ステルス機、米F-22にはるか及ばず」

2011年01月06日10時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国がレーダーに探知されにくい次世代ステルス戦闘機「殲20」の試作機開発を完了した。

  日本の朝日新聞は5日、カナダの民間軍事シンクタンク代表の話を引用し、中国が「殲20」試作機の開発を完了したと報じた。同紙によると、中国軍の関係者は「今月中にも試験飛行を始め、早ければ2017年に実戦配備する計画」と話したという。中国海軍が大洋に向かう中、中国の空軍もステルス機の開発で世界レベルに進んでいるということだ。

  この戦闘機は殲滅するという意味で「殲20」という名前が付けられた。大型ミサイルの搭載が可能で、空中給油をする場合、中国本土から米国領グアムまで飛行できるという。

  しかし中国ステルス戦闘機の性能と航続距離は、米国の最新鋭戦闘爆撃機F-22ラプターにはるかに及ばないと、朝日は伝えた。中国のステルス戦闘機技術が米国レベルに追いつくには10-15年かかると分析された。

  産経新聞も、カナダに本部がある民間軍事研究機関「漢和情報センター」が昨年末からインターネット上に登場している中国の次世代ステルス戦闘機の写真を分析し、中国がすでに試作機を完成したことを確認した、と伝えた。

  同紙は「写真は四川省成都で撮影されたもので、米国の第5世代ステルス戦闘爆撃機F-22と似たデザイン。飛行場の滑走路を移動する写真が中国軍事関連サイトに掲載された」と伝えた。

【ホットクリック】

・「死んだら終わり」 金泳三元大統領が50億ウォンの財産を寄付
・「失踪した日本人女性を捜しています」広告出した韓国人社長
・北朝鮮鉱物埋蔵量の潜在価値7000兆ウォン…中国に安値で渡る可能性も
・ネクソンのゲーム3種類が日本で最高人気のゲームに
・少女時代とKARA、日本のゴールドディスク賞で新人賞
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事