世界4位の石油輸出国がなぜ原発建設?

世界4位の石油輸出国がなぜ原発建設?

2009年12月28日08時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  アラブ首長国連邦(UAE)は一日294万バレルの石油を生産(世界8位)し、270万バレルを輸出(世界4位)している産油国だ。埋蔵量も978億バレル(世界6位)にのぼる。「エネルギーの心配なく暮らせる国」だ。しかしUAEは原子力発電の開発に拍車を加えている。

  国営WAM通信は23日、その背景について以下のように伝えた。

  --UAEの1年間の電力需要は現在1万6000MWe(電気出力メガワット)水準だ。しかし石油を輸出して稼いだ外貨を基礎に急速に成長し、毎年、電力の需要が速いペースで増えている。このままだと2020年には4万MWeの電力が必要になる見込みだ。

  UAEはこの電力を火力発電で生産するには限界があるとみている。天然ガスは量が不足し、石油は費用が多くかかる。石炭は費用が少ないが、環境問題を起こす。特に最近、気候変動が国際的な問題に浮上し、化石燃料を燃やす発電方式はますます敬遠される雰囲気だ。しかし代替・再生エネルギーだけでは十分な電力確保は難しい。

  これに比べて原子力は相対的に長所が多い。発電効率が高く、温室ガスを排出せず、気候変動問題への対処にも理想的だ。経済・社会的な付帯効果も大きい。UAEは原子力開発プロジェクトを産業インフラ構築、教育開発事業などと関連づけて推進している。原発の開発・運営と関連した高付加価値雇用も大きく増える見込みだ。

  UAE原発優先交渉対象者が選定されるまで

  09年3月…UAE、原発プラント入札計画を発表 「9月に優先交渉対象者選定予定」

  5月…UAE原発プラント入札事前資格審査 韓国電力・仏アレバ、米GEの3つのコンソーシアムが通過

    …サルコジ仏大統領がUAE訪問

  6月…米国、UAEと原子力協定を締結

  7-8月…UAE、価格入札および入札参加国現地調査

  9月…優先交渉対象者選定の延期を発表

  11月…韓昇洙(ハン・スンス)元総理ら査察団40人がUAE訪問

  12月26日…李明博(イ・ミョンバク)大統領が原発受注支援のためUAE訪問

  12月27日…韓国が事業者に選定
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事