【コラム】韓国経済、オープンプラットフォームに答がある(1)

【コラム】韓国経済、オープンプラットフォームに答がある(1)

2015年12月08日13時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  京畿道(キョンギド)が大韓民国政治史上初めて連政(連立政権)を始めてからいつの間にか1年だ。12月4日がまさに野党で推薦したイ・ギウ社会統合副知事の就任1周年だった。昨年連政を始める時は懸念の声が大きかったが、京畿道の連政はすでに回り始めた車輪になった。

  連政を始めて多くの変化がおきた。まず道議会との連政を通じ与野党間の政争をなくし政治的安定を引き出した。また、市・郡とは持続的な疎通を通じて道民のための実質的な政策をまとめており、他の広域自治体とも共存の道を模索した。

  連政の大きな成果のひとつは京畿道教育庁との協力だ。京畿道と道教育庁はひたすら未来世代だけを見つめる教育政策を展開することで同意を集め、半額制服、夢の教室などの協力事業を推進している。こうした意味で就任1周年記者会見で道知事と教育長が共同記者会見をしたりもした。連政の最大の目的は権限を分けて疎通と信頼、そして協力を通じて社会的対立を減らし政治安定を成し遂げることだ。連政で政治的不確実性がなくなれば経済が活性化し雇用が増える好循環が円滑になる。

  京畿道は1年間に全国の雇用の半分である19万6000件を作り、雇用大賞、国民安全処が贈る安全文化大賞最優秀機関、福祉死角地帯を積極的に発掘しきめ細かい福祉を提供して地域福祉事業人的安全網大賞を受賞した。雇用・安全・福祉の3冠王になったことがまさに連政の成果といえる。

  このような連政こそ政治のオープンプラットフォームだと考える。オープンプラットフォームはサービス開発者が自分たちのサービスと資源をサービス使用者に公開するものだ。一言で参加と疎通、そして開放で具現される。ユーチューブとフェイスブック、スマートフォンに使われるアンドロイドOSなどが代表的な事例だ。

  フェイスブックはほぼすべての使用者に多様な方法を通じてニュースフィード、写真タグ、メッセンジャーなど多様なSNSサービスを提供した後、顧客の主要関心事を追跡してマーケティングに効果的な顧客データを確保する。その後個別に最適化された広告を提供し広告効果を最大化する。(中央SUNDAY第456号)

【コラム】韓国経済、オープンプラットフォームに答がある(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事