<サッカー>カントナ・ベッカム・ロナウド・朴智星…ファーガソン監督が育てたマンUの選手たち

<サッカー>カントナ・ベッカム・ロナウド・朴智星…ファーガソン監督が育てたマンUの選手たち

2013年05月09日14時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
デービッド・ベッカム、クリスティアーノ・ロナウド、朴智星。
  アレックス・ファーガソン監督は徹底的な選手管理で弟子を自分の人間にした。

  ファーガソン監督の最初の全盛期を率いた選手はフランス出身のエリック・カントナ(47)だった。カントナは92年11月、リーズ・ユナイテッドからマンUに移籍すると、92-93シーズンのリーグ優勝に貢献し、「ファーガソン時代」を開いた。カントナは相手チームの激しい観客に飛び蹴りをした、いわゆる“カンフーキック”事件などで何度か非難を受けたが、ファーガソン監督の細かな指導の下、トップアスリートに浮上した。

  ファーガソン監督の歴史には「ファギーの雛鳥たち(Fergie’s Fledglings)」がいた。デービッド・ベッカム(38、パリサンジェルマン)はその中でもファーガソン監督と最も愛憎が深い。ベッカムは93年にマンUでデビュー、10年間フリーキックの魔術師として名をはせ、マンUの黄金時代を開いた。しかし03年2月のアーセナル戦のハーフタイム、ファーガソン監督がサッカーシューズを蹴とばしてベッカムの目の上に傷つけ、これが発端となってベッカムはスペインのレアルマドリードに移籍した。それでもベッカムはファーガソンについて、「サッカーを尊重し、自分の体と自分がすべきことを尊重するべきだと教えてくれた。彼は父親のような人」と敬意を表した。

  クリスティアーノ・ロナウドは03年7月、マンUに移籍し、ファーガソン監督と6シーズンを一緒に過ごした。粗い原石だったロナウドはファーガソン監督の指導の下で世界最高選手に成長した。09年7月にレアルマドリードに移籍した後も、ロナウドはファーガソンと良い関係を維持し、「マンU復帰説」が出たりもした。

  朴智星(パク・チソン)はファーガソン監督が初めて認めた東洋人だった。05年7月にオランダPSVアイントホーフェンから朴智星を獲得した当時、現地メディアは「ユニフォーム販売員」と侮蔑した。しかしファーガソン監督は「朴智星はすべての面で私たちを喜ばせる選手。両足を使うのも立派で、マンUに力を与える資源」と評価した。

  ファーガソン監督の信頼の中、朴智星は7年間、マンUの酸素タンクとして活躍した。昨年7月に朴智星がクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)に移籍した際、ファーガソン監督は「私の孫は(自分が)最も好きな選手の朴智星を他のチームに送ったといって、まだ私と口を利かない」と話し、遠回しに心情を表した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事