<WBC>日本投手コーチ「大谷の穴? 3イニングは大きな痛手でない」

<WBC>日本投手コーチ「大谷の穴? 3イニングは大きな痛手でない」

2017年02月03日16時33分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「3イニングはそれほど大きな痛手ではない」。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の権藤博投手コーチが、エース大谷翔平の投手としての出場辞退について立場を明らかにした。

  権藤コーチは2日、日本スポーツ誌Numberのインタビューで「大谷を欠くのは大きな出来事」と述べた後、「しかし1次ラウンドでは65球という球数制限がある。3回ほどだと思えばそれほど大きな痛手ではないという考え方もできる」と述べた。続いて「代表チームで一番大事なのはやはり選手をけがなく無事にチームに返すこと。少しでも不安があったり故障がある選手は絶対に無理はさせられない」と語った。

  大谷に代わるエース候補には読売の菅野智之を挙げた。菅野は2013年にデビューし、4年間で44勝した読売のエース。過去2年は19勝に終わったが、防御率は1.96。日本代表に合流した阪神の長身エース藤波慎太郎については「色々と意見があるが、モノが違う投手」とし「宮崎キャンプで投げさせて決める」と明らかにした。

  権藤コーチは「(1次ラウンドで)先発が3回を投げるなら、結局、総合的な戦力と継投が重要になる」とし「大谷はいなくなったが、いいメンバーがそろっている」と自信を表した。

  権藤コーチは1961年に中日でデビューし、最初のシーズンに35勝をマークした伝説的な投手。翌年の1962年にも30勝し、セリーグ唯一の「2年連続30勝」投手となった。最初の2年間でなんと791イニング2/3を投げた。しかし過酷な登板の影響で肩を痛め、その後は不振に陥った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事