リオ五輪は今「指導者韓流」が大勢(1)

リオ五輪は今「指導者韓流」が大勢(1)

2016年08月15日14時23分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  リオデジャネイロオリンピック(リオ五輪)で「指導者韓流」熱風が吹いている。

  ベトナム史上オリンピック初の金メダルの後ろには韓国人監督がいた。ベトナムの射撃のゾアン・ビン・ホアン選手(42)は7日、10メートルピストル決勝で202.5点を撃って金メダルを獲得した。ホアンは韓国語を混ぜて「サンキュー!監督様」と話した。ベトナムのユニホームを着た韓国人パク・チュンゴン監督(50)の顔には笑顔が浮かんだ。11日50メートルピストルでチン・ジョンオに続き銀メダルを取って表彰台に上がったホアンは愛国歌が鳴り響くと胸に手をあてた。現役の陸軍大佐であるホアンはベトナム政府から報奨金10万ドル(約1億1000万ウォン)をもらうことになった。1人あたりの国民所得が2100ドル(約234万ウォン)のベトナムでは一生かかっても見物するのが難しい大金を稼いだのだ。

  パク監督は韓国の射撃代表常備軍の監督をつとめて2014年9月にベトナムに渡った。ベトナムには国際大会で使う電子標的がないほど練習環境が劣悪だった。大きな大会を前にパク監督はホアンを韓国に連れてきて練習させた。パク監督は「ウリ・シュティーリケ(62、ドイツ)韓国サッカー代表チーム監督がリオ五輪の韓国-ドイツ戦を控えて『ドイツを愛しているが今は韓国を応援する』と話した。私も共感する言葉」といった。

  チョン・フン中国男子柔道監督(47)は「私は今や完全に中国柔道のヒディンク元監督になった」と言って豪快な笑いを作った。中国の程訓釗(世界ランキング25位)が男子柔道90キロ級で銅メダルを獲得したためだ。男子柔道の辺境である中国が取った五輪初のメダルはチョン監督の成果でもある。

  韓国柔道代表チームを率いていたチョン監督は2012年ロンドン五輪直後に中国柔道協会のラブコールを受けて中国に渡った。チョン監督は「韓国・日本の選手たちと対等に戦うために訓練強度を3倍に増やした。韓国では普通、筋力運動を一日200~300回していたが中国の選手たちには1000回ずつさせた」と語った。初めは中国の選手たちは仰天した。さらにある選手たちは夜中に逃走して故郷へと戻った。チョン監督は「逃げた選手を飛行機で追いかけて行って再び連れてきた。私をののしりながらも最後までついてきた選手たちがありがたい」として大きく笑った。

リオ五輪は今「指導者韓流」が大勢(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事