<野球>朴賛浩、韓国初舞台で初勝利

<野球>朴賛浩、韓国初舞台で初勝利

2012年04月13日14時36分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
朴賛浩(パク・チャンホ、39、ハンファ)
  朴賛浩(パク・チャンホ、39、ハンファ)の韓国復帰初舞台は大成功だった。 オープン戦の不安を完全に払拭する好投で初勝利をつかんだ。 韓国・米国・日本で勝利をマークした最初の韓国人選手となり、国内舞台の成功の基準となる10勝達成にも青信号がついた。

  12日にハンファ-斗山(ドゥサン)戦が行われた清州(チョンジュ)球場。 朴賛浩は試合の1時間前から軽いランニングとストレッチングでアップした。 ほとんどの先発投手は試合開始30分前から体を動かすが、朴賛浩はもっと早くグラウンドに姿を現した。 開幕から3連敗に陥ったチームの先発としてプレッシャーがかかる状況だったが、朴賛浩には余裕があった。 この日、始球式を行ったオ・ヨンセ元公州中監督を助けたりもした。 オ監督は朴賛浩の中学時代の恩師で、朴賛浩を内野手から投手に転向させた。

  試合が始まると、朴賛浩は打者よりも自分の投球に集中した。 時々、主審のボール判定に首をかしげながら、ストライクゾーンの把握に集中した。 朴賛浩は1回表、トップバッターの李鍾旭(イ・ジョンウク)にストレートの四球を許したが、チョン・スビンと金賢洙(キム・ヒョンス)を一塁ゴロと三振で処理した。 金東柱(キム・ドンジュ)を四球で歩かせて二死、一、三塁の危機を迎えたが、チェ・ジュンソクを遊ゴロで処理し、無失点で切り抜けた。

  危機はここまでだった。 2回からはストライクゾーンを把握したように、両サイドにボールを散らしながら斗山の打線を封じた。 2回表はイ・ウォンソクと孫時憲(ソン・シホン)を連続三振に仕留めた後、ヨン・ドクハンをファウルフライに打ち取り、三者凡退でイニングを終えた。 ヨン・ドクハンが最後に打ったストレートは球速が149キロだった。 朴賛浩の復帰後、最も速いボールだった。

  「アジア選手メジャー最多勝(124勝)投手」の真価は3回表に発揮された。 朴賛浩は高永民(コ・ヨンミン)、李鍾旭、チョン・スビンを3球で処理した。 08年9月11日にサムスンの鄭現旭(チョン・ヒョンウク)が記録して以来1309日ぶりとなる1イニング最少投球パーフェクト(歴代36回目)だった。

  一方、ハンファ打線は3回裏、4安打と1四球で3得点し、朴賛浩を援護した。 リ―ドをもらった朴賛浩は4回から6回まで散発2安打に抑えて斗山の打線を封じた。

  朴賛浩がイニングを終えてダグアウトに向かう度に、ファンは起立拍手で‘英雄の帰還’を喜んだ。 5-0だった7回表にもマウンドに立った朴賛浩は先頭打者チェ・ジュンソクに安打を許したが、ユン・ソクミンから空振り三振を奪い、奪三振を5に伸ばした。 しかし次の打者ホ・ギョンミンに安打を浴びると、鄭珉哲(チョン・ミンチョル)投手コーチがマウンドに出て来て投手交代を告げた。 清州球場をぎっしり埋めた7500人のファンはホーム・アウェーに関係なく全員が起立して「朴賛浩」コールを送った。 朴賛浩は帽子を脱いでファンにあいさつした後、グラウンドに出てきた後輩とハイファイブをした。

  救援投手のソン・シンヨン(35)が二死一、三塁から高永民に2打点二塁打を浴びたため、朴賛浩の成績は6イニング1/3で4安打・2失点・5奪三振となった。 ハンファは朴賛浩の好投などで斗山を8-2で降し、今季初勝利をマークした。

  朴賛浩は「チームの連敗を断ち切れてうれしい。個人的にも復帰戦で勝てたので意味がある。 韓国の打者は巧みで、日本の打者よりパワーがあるので、制球に注意した。 カットファストボールが思い通りに投げられた。 ほとんどすべての点で満足できた」と語った。 朴賛浩を相手に3打数無安打に終わった斗山の金賢洙は「球速、コントロール、タイミングなど、すべてが予想以上のものだった。 球威があった」と語った。

  ソウル蚕室(チャムシル)ではLGの先発キム・グァンサムが6イニング無失点と好投し、ロッテを4-0で降した。 サムスンは12安打を放って起亜(キア)を10-2で破り、今季初勝利をマークした。 ネクセンは4-2でSKに勝った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事