安倍首相、バンドン会議で戦争に対し「深く反省」…「おわび」表明なく

安倍首相、バンドン会議で戦争に対し「深く反省」…「おわび」表明なく

2015年04月22日16時35分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  安倍晋三首相は第2次世界大戦における日本の侵略行為に対して反省するとは明らかにしたが「おわび」を表明することはなかった。

  安倍首相は22日、インドネシア・ジャカルタで開かれたバンドン会議60周年記念アジア・アフリカ首脳会議に参加し、第2次世界大戦に対して「深く反省する」と述べたものの、植民支配や侵略によって苦痛を受けたアジア国家の国民に謝罪する立場は明らかにしなかった。

  安倍首相はこれとあわせて、アジア・アフリカで貧困を撲滅し、質の高い成長をするための努力の一つとして今後5年間で両大陸の若者35万人余りに対して技能向上や知識習得の支援を実施する考えを明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事