水増し燃費、これ以上は通用しない=韓国(1)

水増し燃費、これ以上は通用しない=韓国(1)

2015年07月21日13時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「私の車の実際の燃費は○○.○キロメートル/Lです」。新車が発売されるとインターネットの自動車同好会に最も多く上げられる文のひとつだ。ほとんどが公認燃費に満たない。そうすると「やはり国産車の燃費は信じられない」というコメントが相次いで書き込まれる。国産車に絶えずつきまとう別名「水増し燃費」議論だ。

  だが、最近燃費が良いという欧州車が相次いで燃費を下げており、国産車の燃費を見直さなければならないという話が出る。ドイツのフォルクスワーゲンは最近「ゴルフ1.6TDI」ディーゼルモデルの燃費をL当たり18.9キロメートルから16.1キロメートルに下げた。フランスのプジョー「308」も1.6ディーゼルモデルの燃費を18.4キロメートルから16.2キロメートルに調整した。最近相次いで発売された現代自動車「ソナタ」、起亜自動車「K5」1.7ディーゼルモデルのL当たり燃費16.8キロメートルに満たない。フォルクスワーゲンとプジョーは「新しいエンジンと変速機を付けたので完全に違う車」と釈明した。だが「輸入車業者が燃費を水増ししていたが今年から韓国政府が燃費検証を強化したので燃費を実際に近く測定したものではないのか」という反応が出ている。

  燃費検証が細かくなり自動車業界が緊張している。「以前のモデルより燃費を15%以上改善してこそ既存の燃費水準を維持できる」という話が出るほどだ。国土交通部傘下の交通安全公団が今年から新車製作欠陥を評価する時も燃費を検証することにしてだ。これまでは自動車メーカーが申告した燃費を事後調査した後に改善措置する検証だけしてきた。

  また、昨年までは都心・高速道路の燃費を合算した複合燃費が実際に測定した燃費と許容誤差範囲の5%以内にあるかを検証したが、今年からは2つの燃費それぞれを実際の測定燃費と誤差範囲内にあるのかを検証する。燃費検証を総括する交通安全公団自動車安全研究院のシン・ジェスン親環境評価室長は、「絶えない水増し燃費議論を解消し消費者に信頼できる燃費情報を提供するため検証を強化した」と説明した。

  

  

水増し燃費、これ以上は通用しない=韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事