<韓国殺虫剤卵>始業初日、卵がないオムライス食べた生徒

<韓国殺虫剤卵>始業初日、卵がないオムライス食べた生徒

2017年08月17日10時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
全国の大部分の市・道教育庁は16日、当分は学校の給食に卵を使用しないことにした。この日、ソウル市内のある中学校で生徒が給食を食べている。
  16日午後1時15分ごろ、京畿道水原市勧善洞(クォンソンドン)にある南水原中学校の給食室。始業式が行われたこの日の給食には卵のないオムライスが出てきた。「殺虫剤卵」問題のためだ。この学校はこの日午前8時ごろ、給食供給会社から卵37キロ(1050人分)が納品されたが、全量を返品した。キム・ソンヒ栄養教師(46、女性)は「まだ卵の安全が確認されていないという判断に基いて返品した」と述べた。

  仁川市桃花洞(トファドン)のインファ女子高はこの日、卵白を除いた練り粉を使って豚肉を揚げた。トンカツの代わりとなる食材をすぐに準備できなかったからだ。付近の仁川(インチョン)電子マイスター高校は来週の献立からすべて卵を除いた。うずら卵も抜いた。

  全国に広がった「殺虫剤卵」問題が学校の給食に及ぼした影響だ。教育当局は卵の使用中止に動いている。安全性が確認された卵だけを給食に使用することにした。

  京畿道教育庁は16日、「一線の学校にまず安全性が確保された卵だけを学校の給食の食材として使用することにした」と明らかにした。

  ソウル教育庁はこの日、公文書を通じて、食品医薬品安全処の全数調査が完了する17日までは卵が含まれない給食に変更するよう伝えた。17日以降は検査の結果「適合」証明書の確認など検収手続きを強化するよう指示した。全国の大部分の市・道教育庁も似た禁止措置を取った。

  慶南道教育庁は卵を原料とするパン類のような食品も使用禁止にした。済州道教育庁は安全性が確認された卵だけを給食に使用することにした。

  しかし教育当局のこうした措置にもかかわらず、新学期を控えた時点で殺虫剤卵問題が広がり、保護者と生徒は不安を感じている。高校1年の息子がいる蔚山(ウルサン)のある女性(47)は「食べ物の問題が出てくればいつも子どもの給食が心配になる」と話した。教育部は食品医薬品安全処、農林畜産食品部などと共に、各級学校給食所と全国食材供給会社を対象に一斉に点検に入ると明らかにした。

  軍当局も将兵の給食から卵を除いた。国防部は軍に納品されて保管中の卵を確認した結果、殺虫剤成分が検出された農場から出荷された卵はなかったと明らかにした。しかし安全性が確認されるまでは給食に卵を使用しないことにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事