スターバックス理事「韓国人のコーヒーの趣向はとても高級」

スターバックス理事「韓国人のコーヒーの趣向はとても高級」

2010年10月29日10時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
スターバックスCPGのダレル・キム東北アジア総括理事
  



  韓国のコーヒー市場が急速な成長を見せている。コーヒー専門店で販売されるコーヒーだけでなく、缶入りや瓶入りのRTD(レディトゥドリンク)製品も人気だ。RTD製品で国内1位のスターバックスコンシューマープロダクトグループ(CPG)のダレル・キム東北アジア総括理事は最近のインタビューで、「韓国人のコーヒーの趣向はとても高級。特にとても厳しくアロマ(香り)を気にする」と述べた。また、「水準の高い韓国の顧客に多くのことを学んでいる。ここで得た教訓をアジアの他の市場に適用する」と紹介した。国内のコーヒー飲料売り上げは昨年5155億ウォン(約370億円)。今年は35%程度成長すると予想されている。スターバックスのRTDコーヒーは、コーヒー専門店が販売するプレミアムRTD製品でトップシェアとなっている。2006年に韓国で初めて製品を発売した後、毎年20%以上成長してきた。キム理事は、「2年以内に韓国で新たな製品を出す計画」と明らかにした。

  キム理事は韓国市場の高速成長の理由について、「韓国市場に対し長い経験と知識を持っている企業(東西食品)とパートナーシップを結んだことも奏功した」とし、別の理由は「関係中心的文化」に求めた。キム理事は、「韓国は家族はもちろん、友人や同僚との関係も厚い国。人々が集まることが多く、集まって飲み物を飲みながら話すのを好むことが韓国でコーヒーがよく売れる理由だ」と述べた。スターバックスは昨年8月からフラペチーノミントモカを香港に輸出している。米国ではなく他の国でスターバックスのRTD製品を生産し、他の市場に輸出までするケースは韓国が初めてだ。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事