イ・ヨウォン「コ・ヒョンジョン先輩のカリスマに追いつきたい」

イ・ヨウォン「コ・ヒョンジョン先輩のカリスマに追いつきたい」

2009年05月18日16時46分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  「善徳女王」イ・ヨウォンが、最大の政敵「ミシル」として登場するコ・ヒョンジョンのカリスマに追いつきたい、という覚悟を明らかにした。

  イ・ヨウォンはドラマ「善徳女王」の制作発表会で、「コ・ヒョンジョン先輩のカリスマに驚いた。あのカリスマに追いつくために頑張らないといけないと思った」と話した。

  正統史劇は初めてというイ・ヨウォンは「分量も多く、さまざまな姿を見せなければならないという点で負担になるが面白そうだ」とし「今回のドラマは善徳女王がミシルを見つめ、ミシルに憧れながら成長する過程を見せるドラマ」と説明した。

  「当初は善徳女王役に自分よりもコ・ヒョンジョン先輩がふさわしいのではと思った」というイ・ヨウォンは「善徳女王になるまでの過程を見せるドラマで、撮影をしながら自分が成長していければ、後半には自然な善徳女王の姿が出てきそうだ」と自信を表した。

  コ・ヒョンジョンはタイトル役をイ・ヨウォンに譲ってミシル役を選択したことに関し「善徳女王はイ・ヨウォンに最も合っているキャラクターだと思う。 このような大作で役柄のはっきりしたミシル役を担うのが自分にとってはよい作業でないかという気がした」とし「ミシル役は魅力的だったし、自分がまずやりたいと思った」と述べた。

  善徳女王のライバルらしい言葉も忘れなかった。 「『善徳女王』は、徳曼王女が逆境を乗り越えて善徳女王で成長する一代記が主な内容。 しかし私はそこにばかり視線が向けられないよう努力する姿を見せたい。 イ・ヨウォンに挑戦する凄絶なコ・ヒョンジョンの姿を見ることができるだろう」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事