日本「独島領有権の防衛白書」発表…韓日関係が急速に冷え込む

日本「独島領有権の防衛白書」発表…韓日関係が急速に冷え込む

2011年08月02日09時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  1日は日本自民党議員3人による鬱陵島(ウルルンド)訪問の試み、2日は独島(ドクト、日本名・竹島)領有権を主張する内容の「防衛白書」発表…。日本の相次ぐ独島挑発で韓日関係が急激に冷え込む雰囲気だ。

  韓国政府は強硬対応を原則に対策の準備に乗り出した。「両国が共同で考えていたさまざまな議題をまったく推進できない状況になった」(政府当局者)という声が出てくるほどだ。しばらくは葛藤が避けられないとみられる。

  政府内では今年下半期に予定された李明博(イ・ミョンバク)大統領の訪日を取り消すべきだという主張も提起されている。北朝鮮の核問題や6カ国協議など懸案に対する協調過程が難しくなる可能性がある。日本側が望む韓日自由貿易協定(FTA)締結交渉など経済イシューへの影響も予想される。

  韓日関係の悪化は両国にとってプラスにならないという判断に基づき、独島問題を他の懸案と分離すべきだという主張も出てくる。政府当局者は「韓日関係の安定的な管理のために独島問題を分離対応する必要がある」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事