安倍氏「4月にトランプ氏と首脳会談…北朝鮮『非核化対話』は国際社会が圧力をかけてきた成果」

安倍氏「4月にトランプ氏と首脳会談…北朝鮮『非核化対話』は国際社会が圧力をかけてきた成果」

2018年03月09日13時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
安倍晋三首相
  安倍晋三首相は9日、「非核化を前提に話し合いを始めるという北朝鮮の変化を評価する」と述べた。

  安倍氏はこの日午前、ドナルド・トランプ米国大統領との電話会談後、記者団に対してこのように明らかにし、「北朝鮮の動きは国際社会が最大限の圧力をかけてきた成果だ」と述べた。

  続いて「核・ミサイルの放棄に向けて北朝鮮が具体的な行動をとるまで、最大限の圧力をかけていく。日米の確固たる立場は決して揺らぐことはない」と述べた。

  安倍氏は「日米はこれまでも、これからも100%共にある。その点でも大統領と一致した」とし「4月中にも訪米し、日米首脳会談を行うことでも合意した」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事